人気ブログランキング |
九州旅行5日目 長崎 雲仙地獄 小浜温泉
 原城を後に、雲仙地獄に到着したのは午前11時前、熱風とかんかん照りの天気で、息苦しいほどでした。
山全体のあちこちから、すごい勢いで湯気が不規則に噴出し、あたりは硫黄の匂いが立ち込めていました。
目の前に広がるのは、白く焼けたゴロゴロの石。
何も生きていくことは出来ない、まさに地獄でした。
ここを見下ろす高台には、殉教したキリシタンを称える十字架と碑がありました。
(likebirds妻)






写真をクリックして拡大画像をご覧ください






山全体が湯気に包まれていました
a0052080_22062886.jpg







ジュウジュウと沸騰する音が聞こえました
a0052080_22411959.jpg







「地獄内は危険です」の看板  笑えました
a0052080_22405879.jpg







雲仙地獄で拷問と処刑が行われ、殉教したキリシタンを称える十字架と碑が立っていました
a0052080_22064791.jpg






小浜温泉湯棚、近づくと熱かったです
a0052080_22225752.jpg







日本一の足湯(長さ?) 「ほっとふっと105」
a0052080_23304773.jpg







「波の湯 茜」 300円なので入ってみました
a0052080_23305681.jpg








 島原半島の雲仙地獄を見物して西に抜けるとオバマ大統領のときに有名になった小浜市です。
有名な小浜温泉にやって来ました。ここには隣接する二つの大きな駐車場がありました。長崎
市営駐車場と長崎県営駐車場です。入り口は同じで、右へ行くと市営、左は県営です。面白い
のは市営は有料、県営は無料でした。県営駐車場に車を止めている人が「こっちへ来い」と手
招きするので県営駐車場にしました。手招きされなくても当然ですが。
 足湯などにも入ってみたのですが、入浴料300円の海岸露天風呂があったので昼でしたが
安いので入ってみました。「波の湯 茜」です。
この風呂は満潮時は湯船の水位と海面が20cmという露天風呂で、泉質はナトリウム塩泉です。
一言で言うと、海水を沸かしたんじゃないの?という感じでした。
 風呂には誰も居なくてのんびり入ろうと思いましたが、何故か熱過ぎてて入れませんでした。
仕方がないので横長の湯船の隅だけ水で薄めてそっと入っていました。
 そこへ40台中ごろの垢抜けた感じの男性が入って来て、スマホで写真を撮り始めました。
別に迷惑とも感じずにいたのですが、だんだん自撮りを始めたのです。全裸で立って、置い
たスマホのタイマーで撮り始めたので幾分閉口しました。「いいよね。アンタは撮らないか
ら」と言われ、「はい」と答えました。
 そのあと、その人は勢いよくザブンと湯船に入りました。その瞬間、「アヂーーー!」と
悲鳴を上げて飛び出しました。人が普通に入っているので適温と思ったようです。私のほう
にも熱い湯が押し寄せてきたので、あわてて自分も出ました。
 その人はヒーヒー言いながら冷たい水道を体中に当てていました。私も頭から水を浴びて
海水のような湯を洗い流してその場を黙って去りました。
 まぁ、死ぬようなことはないでしょう。
 そのほか、食事をすると風呂代が只になる食堂兼ホテルもありました。興味が湧いてその
風呂にも入ってみました。(likebirds夫)



by likebirds | 2019-05-22 18:00 | 九州旅行 | Comments(2)
Commented by brubru at 2019-05-23 20:20 x
likebirdsさんこんばんは
九州旅行楽しそうに伝わってきます
普賢岳の噴火もまだこの眼に焼き付いていますし
地震の後に行った熊本城も記憶にあたらしいです。
ただこういう自然のあるところは逆に美しかったりもしますね

一度落ち着いて九州も行ってみたいです
Commented by likebirds at 2019-05-23 21:00
brubruさん。コメントありがとうございます。
いつもは野鳥撮影に集中するのですが、今回の九州旅行は観光にも
多くの時間を割きました。そのせいか、鳥運は散々でした。
自然の力による修羅場の経験のない私でも、悲惨な状況はいくぶん
かは感じ取ることが出来ました。
美しい自然の風景は自然の巨大な力によって造られるのが皮肉ですね。
(likebirds夫)
<< 九州旅行6日目 長崎 野母崎半... 九州旅行5日目 島原 原城と日野江城 >>