人気ブログランキング |
九州旅行 11日目 平戸 三浦按針の墓 ザビエル記念碑 日本最古の茶畑
 平戸島はキリスト教関連遺産が沢山ありましたが、場所を見つけるのが大変でした。
見過ごしそうな横道の先だったり、茂った木立の向こうだったり、心配になるほど細い道の先だったり・・・
やっと見つけたときは本当に「ほっ」としました。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください







イギリス人旗本「三浦按針の墓」
a0052080_18101632.jpg







按針の墓からしばらく下ると「平戸ザビエル記念碑」が
a0052080_18104106.jpg







平戸ザビエル記念教会
a0052080_18110887.jpg







ザビエル記念教会の隣は光明寺。教会と寺院両方が見える貴重な景色です
a0052080_20345101.jpg








フランシスコザビエル像
a0052080_20351512.jpg







平戸殉教者顕彰慰霊の碑
a0052080_18120218.jpg







こざっぱりしたカトリック古江教会
a0052080_18130537.jpg







古江教会の模様ガラス
a0052080_18133169.jpg







日本最初の茶畑 「冨春園」
a0052080_18140440.jpg







看板には驚きの内容が書かれていました
a0052080_19551423.jpg






 三浦按針の墓が平戸にあることを今回の旅行で初めて知りました。三浦按針は徳川家康の外交顧問として
旗本の地位を与えられ、江戸に住み江戸で亡くなったものと思っていました。
 大坂冬の陣で大阪城本丸に命中させて淀君の戦意を一気に削いだカルバリン砲も三浦按針を仲介させて
イギリスから手に入れたものですよね。
 実際には三浦按針は故郷のイギリスへ帰りたくなったようです。家康の許可を得て息子に家督を譲って
イギリスへ向かう船に乗ったそうです。ところがその船上で船長と仲たがいをして平戸で船を下りちゃった
そうなんです。これも2度ビックリでした。その内、家康もなくなり、秀忠の時代になり不遇な晩年となった
とのことです。
 今回の九州旅行ではあまりにも道が狭くて車を進めるべきか迷うことがとても多かったです。「カトリック
古江教会」もそのひとつでした。古江湾先端近くの小富士山の麓にあって、今でこそ軽自動車がやっと通れる
ほどの山道が続いていますが、江戸時代や明治時代は僻地の中の僻地で陸の孤島だったのではないでしょうか。
それだからこそ潜伏キリシタンの信仰が守られたのかもしれません。現在、この巡回教会を守っているのは数
世帯とのことです。そう思ってもう一度この教会を見渡すと周囲の整然感は感動モノでした。
 「冨春園」という日本最初の茶畑があることも今回の旅行で知りました。車で走っていたら書付があったの
で止まってみました。ともすれば見逃してしまいそうなとても小さな茶畑が守られてきたことに驚きました。
 (likebirds夫)




by likebirds | 2019-07-04 20:55 | 九州旅行 | Comments(0)
<< 九州旅行12日目 平戸島 川内... 九州旅行 11日目 平戸 オラ... >>