人気ブログランキング |
カラシラサギ???......残念!コサギのよう??です 泣 でもカラシラサギもいました
 珍鳥といえば、先月末に行った干潟で、偶然カラシラサギに出会うことが出来ました。
その日はものすごく暑くて、干潟の観察舎の日陰で居眠りをしていたら、干潟を観察していた人が「あれ、カラシラサギが来てる!」と言っていました。
近くに居たカメラマンや、ウォッチャーの人達はぞろぞろとカラシラサギの見えるところへ移動していました。
 余りの暑さに二の足を踏んでいた私ですが、夫が「行ってみようよ」と言うので気を取り直してカメラを担いで行ってみました。
行ってみると、干潟の水脈づたいにたくさんのシラサギが居ました。でもいったいその中のどれがカラシラサギなのか皆目検討がつきません。近くに居た方に訊ねて撮ったのですが、明らかなカラシラサギの特徴が写真では良くわかりません。
多分カラシラサギと思うのですが、もし違っていましたらお教えいただきたいと思います。宜しくお願い致します。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  水脈(みお)づたいに餌を探しながら歩いていました     コサギです
a0052080_20411954.jpg


likebirds夫;30D+500mm   コサギです
a0052080_20413180.jpg


likebirds妻;30D+400mm  こちらはカラシラサギ
a0052080_20414457.jpg


likebirds夫;30D+500mm  コサギです
a0052080_20415645.jpg


 近くの人に「あの杭の右にいるのがコサギ、左にいるのがカラシラサギ」と教えていただき、何もわからぬまま左のサギを撮りました。
 「やった!やった!」と帰ってきましたが、写真を見て「コサギじゃないか?」と思い始めました。夏羽のレゲエ頭の冠羽があればわかりやすいのですが...。
 先輩に写真で識別をお願いしましたが「微妙」とのことです。(likebirds夫)

 「葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ」ブログでカラシラサギの写真を確認しました。全く別の鳥で私たちはコサギを撮っちゃったようです。多くの人たちがカラシラサギと言っていましたから居たことは居たのでしょう。念のため隣のサギも撮っておけばよかった~~。泣。
 ご一緒した某氏はカラシラサギを撮ったのかなー。(likebirds夫)

 4番目の写真が文一総合出版の「日本の野鳥550水辺の鳥」87ページ2番目の写真に顔・足が酷似しているため「コサギ」の可能性が高いと判断しました。

 しつこいですが疑問は残ります。

 同じ日に撮ったコサギです。顔は優しいし、黄色の足の境界が靴下をはいたように明瞭です。 でもコサギです
a0052080_2024547.jpg


 「カラシラサギ」と思って撮った写真です。顔が恐いような気がします。足は黄色味がかっていますが境界ははっきりしていません。クチバシは基部も黄色くありませんが。  ...で、カラシラサギでした
a0052080_20282581.jpg


 今後のために引き続きご意見を賜れば幸いです。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-09-04 22:14 | 野鳥観察 | Comments(22)
Commented by momokibitu at 2007-09-04 22:31
難しいですね実物を見ると何となく分かったような気がしますが写真で見ると特徴が目先の色とか嘴の根本の色とかではっきりしませんね。
以前撮った写真はどれも冠羽がありました。
Commented by tobimono-no1 at 2007-09-04 22:57
こんばんは。
カラシラサギの特徴は嘴と足が黄色です。
この写真を見る限り、私にはコサギにしか見えません。
9月2日、葛西臨海公園でカラシラサギが確認されてます。
葛西臨海公園では300mと遠すぎますので三番瀬に入った時が撮影チャンスです。
Commented by kosakosa at 2007-09-05 03:04 x
写真はコサギの若鳥で、若い時は嘴の下半分が黄色っぽい(というかピンクっぽい)ので、カラシラサギを見つけたい、見つけたいと思っている時にはドキッとさせられることがあります。カラシラサギも冬羽時や若い時は嘴が黒っぽくなりますので、識別が難しくなります。が、写真はコサギです。

ここまで顔が明確に写っている写真であれば、冠羽の情報なしでも、嘴から目に至るラインの反りあがり具合でわかります(と、文字で書いているのが何を指しているかは、山渓等の写真図鑑やデジスコ等で同様に顔が明確な状態で撮影された写真を見比べるとわかります)。
コサギは直線的であり、カラシラサギは反りあがるので目が釣りあがった恐い顔に見えます。
葛西臨海公園では9月1日、9月2日にカラシラサギが東なぎさで観察され、8月26日、9月2日に鳥類園の池の中にまで入っています。
Commented at 2007-09-05 13:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ロビン at 2007-09-05 15:33 x
ご無沙汰していました。
画像のサギはやはりコサギの(若)みたいですね。
見る事が少ない野鳥の判別は私も苦戦します。(^^ゞ
Commented by 小池 at 2007-09-05 15:55 x
蝶(ちょう)ならわかるのですが、鳥(ちょう)のほうは苦手です
Commented by likebirds at 2007-09-05 20:45
Samさん。コメントありがとうございます。
「撮った撮った」と喜ばずにじっくり何枚も撮っておくべきでした。
せめて冠羽が写っていれば同定も楽だったのですが。
次回はしっかりと撮ります!(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2007-09-05 20:49
tobimono-no1さん。コメントありがとうございます。
そうですか。やはりコサギですか。がっくりです。
本に「カラシラサギの冬羽はコサギと酷似していて...」とありましたので
「もしや」と思ったのですが。
次回に期待です。文句なしの「カラシラサギ」が撮りたいです。
また、よろしくお願いいたします。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2007-09-05 21:04
kosakosaさん。はじめまして。コメントありがとうございます。
写真はコサギですか。
本やネットで何回も見て確認したのですが、「そう思って見るとそう見えてしまう」性格が災いして判断がつきかねました。
「嘴から目に至るラインの反りあがり具合」も何回も本を見たのですが、本物を見ていないせいか、恐い顔に見えたのですが...。

それにしてもわざわざありがとうございます。これを機会に今後もコメントを頂けると嬉しいです。
宜しくお願い致します。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2007-09-05 21:10
ロビンさん。コメントありがとうございます。
お久しぶりです。8月にブログの更新がありませんでしたので「どうしたのかな?」と思っておりました。
メジロからまた見せて頂いております。

やはりコサギですか~。残念です。
次回は文句なしのカラシラサギをドアップで撮りたいです。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2007-09-05 21:15
小池さん。コメントありがとうございます。
蝶も難しいらしいですね。最近知り合った人に蝶に詳しい人がいますので
教わろうかと思っております。

教養人の小池さんは書斎の方のように思っておりましたが
健脚でもあるのですね。
写真を見て最近そう思いました。(likebirds夫)
Commented by tobimono-no1 at 2007-09-06 19:17
likebirds夫さん!こんばんは。
最後にアップされた画像を見て、これはカラシラサギだ!と思いました。
目と嘴から受ける印象は、私が見たカラシラサギと同じです。
前回の私の識別は誤っていたと反省してます。訂正してお詫びいたします。
Commented by likebirds at 2007-09-06 20:55
tobimono-no1さん。コメントありがとうございます。
再度コメントをいただいて恐縮です。
そう言われるとその気になってしまう自分の性格が腹立たしい所です。笑。
私がいつもお世話になっている先輩が微妙だと言っていました。
いずれにしても幼鳥なのでしょう。それで迷うのだと思います。
今度ははっきりした成鳥を撮りたいです。
ありがとうございました。また宜しくお願い致します。(likebirds夫)
Commented by kosakosa at 2007-09-07 23:43 x
追加upされた最後の写真がカラシラの幼鳥です。
コサギ幼鳥と違って嘴は上下ともに黒です。またやや嘴が短く見えます。

最初からこの個体だけをカラシラだと思って撮る識別能力があるならば、前のほうの写真をカラシラだとは思わないのではないでしょうか。
Commented by likebirds at 2007-09-08 12:33
kosakosaさん。コメントありがとうございます。
カラシラサギはこれまで見たこともなく、識別能力はゼロです。
最後の写真と前の方の写真は同じ個体です。
ありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。(likebirds夫)
Commented by kosakosa at 2007-09-08 13:06 x
最後の写真と前のほうの写真は同じ個体ではありません。
撮影中にサギ類が交錯してために別の鳥を撮っているのだと思います。
Commented by likebirds at 2007-09-08 20:57
kosakosaさん。コメントありがとうございます。
う~ん。自分としては同じ個体を撮ったと思うのですが...。
可能性としてはあるかも知れません。
野鳥好きの方なのですね。HPなど教えて頂ければ見に行きたいです。(likebirds夫)
Commented by kosakosa at 2007-09-09 06:54 x
嘴の色、目先の色、嘴の長さが違う別個体です。
写真の顔の部分だけ拡大するとわかります。
Commented by likebirds at 2007-09-10 21:40
kosakosaさん。コメントありがとうございます。
言われるように最後の写真は嘴は両方とも黒っぽいですが、上の方の写真は上が黒、下は紫がかって見えます。
ただ、連写中の一連の写真でも光線の関係か?、同様のものがあります。
何とも言えませんが、違う個体であるとのご意見は写真をみるかぎり説得力はあります。
写真を拡大したいのですが、載せている写真はほとんどピクセル等倍に近いものです。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2007-09-10 21:44
自分で撮ったので「同じ個体だ!」と言いたいところですが、
とくに4枚目は写真だけをみると、最後の写真と違う顔のような気がしてきます。(likebirds夫)
Commented by kosakosa at 2007-09-11 22:43 x
いったいどれとどれが本当に同じ個体だったのやらですが、少なくとも4枚目の写真の目先、下の嘴は「紫」などという「惜しい」色の違いではないでしょう。そちらではこれも「紫」に見えているのでしょうか?黄色、ピンクと表現すべき色のものでとても(比較的黒に近い色といえる)紫には見えません。

また、ピクセル等倍であろうと色等の識別のための写真拡大ができないわけではない(画像は荒くなるが)と思いますがいかがでしょうか。
Commented at 2007-09-22 22:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< オオルリ、キビタキ、メボソムシクイ ヘラシギ >>