人気ブログランキング |
2019年 05月 04日 ( 1 )
九州旅行 よか干潟1日目 クロツラヘラサギ
 よか干潟の一日目です。
九州に来てから、ずっと晴天に恵まれ嬉しい限りです。
広い干潟は、鳥達の賑やかな声で溢れていました。
大きくて美しいクロツラヘラサギの大群は、圧巻でした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください






満潮前、まだ大きく残る干潟のクロツラヘラサギ
a0052080_18030630.jpg







観察者も未だ少なめでした
a0052080_18150067.jpg







成鳥の夏羽
a0052080_15505471.jpg







こちらは翼の先端に黒色が残る若鳥
a0052080_18003732.jpg






仲良し^^
a0052080_15522176.jpg







こちらも仲良し^^
a0052080_12444738.jpg







後ろにいるのはホウロクシギです
a0052080_18104970.jpg







満潮に近付くにつれ近くへやって来ます
a0052080_18073514.jpg







合流するために他から三々五々飛んできます
a0052080_18092392.jpg







満潮時はハマシギが上を飛び回りました
a0052080_18121560.jpg







引き潮時の写真です
a0052080_18132522.jpg






 4月17日の太宰府天満宮のあとは早めに温泉に入り明日の与賀(よか)干潟に備えました。私たちの入った
温泉はぬる目の強炭酸泉でしたが、体中に炭酸の泡が付いて手足の先まで温まりました。
 有明海の潮の干満差は日本一大きく、この日のよか干潟の差は約5mです。この場所は遠浅で干潮時には干潟
が大きく広がり、鳥たちも近くには来てくれません。満潮が近づくにつれ干潟はどんどん狭まり、鳥たちは上げ
潮に追われるように我々の待つ岸へやって来ます。そしてついに干潟は消滅して海に覆われます。
 つまり、満潮時の前後1~2時間が野鳥観察の最適時間なのだそうです。4月18日の満潮時刻は午前8時31
分ですから、6時半頃からが観察を始める時刻です。
 私たちは午前6時過ぎにはこの干潟のある公園に到着しました。早速カメラと双眼鏡を携えて観察を始めまし
たが、その時点では海が見えないほど干潟が大きく広がっていて鳥はアオサギとクロツラヘラサギ程度でした。
 それではと、私たちはクロツラヘラサギから観察を始めることにしました。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-04 21:09 | 九州旅行 | Comments(8)