人気ブログランキング |
2019年 05月 30日 ( 1 )
九州旅行7日目 長崎 軍艦島
  軍艦島は、正式には端島(はしま)と言います。
長崎の南西の海上17.5キロに位置します。
ここでの石炭の発見は1810年と言われていますが、その頃は漁師が副業として細々と採掘していたそうです。
その後鍋嶋藩深堀領主の所有となり、その後三菱が所有することとなりました。
小さな瀬だった端島は1897年から1931年までに六回の埋め立てをして、三倍の大きさの島になりました。
それから1974年に閉山されるまで、良質な石炭が採掘され、島は鉄筋の小学校中学校、集合住宅、必要な施設も充実していたそうです。
上陸して見学できるのは南側のほんの一部だけでしたが、当時の規模の大きさを目の当たりにして、本当に圧倒されました。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください







長崎港ターミナル
a0052080_13435141.jpg











私達が乗り込むヤマサ海運「ペルージャ3」「マルベージャ3」
a0052080_19234124.jpg







世界遺産  100年以上現役で稼働を続ける巨大クレーン(写真右)
a0052080_19272127.jpg







建造中の自衛艦? 詳細不明です
a0052080_19335545.jpg







海辺の造船所と斜面を登る住宅街
a0052080_23294986.jpg







カトリック神の島教会と岬のマリア像
a0052080_19350952.jpg







前日に訪れたカトリック馬込教会を海から
a0052080_19384134.jpg







伊王島大橋を下から
a0052080_19394041.jpg







軍艦島 ドルフィン桟橋 
a0052080_21042909.jpg








貯炭ベルトコンベアーの支柱、奥に見えるのは学校
a0052080_13451386.jpg







高台の貯水槽、後に見えるのは閉山後に建てられた灯台
a0052080_13460428.jpg





赤レンガ造りの総合事務所跡、島の司令塔的存在で子どもは入れなかったそうです
a0052080_13470075.jpg





工場跡
a0052080_13474793.jpg





プール跡
a0052080_13480919.jpg






小さな祠のような端島神社
a0052080_10240161.jpg







西側の居住棟、波除の役目もあったそうです
a0052080_00221896.jpg







端島は軍艦「土佐」に似ていることから軍艦島と呼ばれるようになったそうです
a0052080_23343500.jpg







軍艦島観光船内から
a0052080_23355180.jpg





 九州旅行7日目、午前中は軍艦島観光に出かけました。軍艦島の観光船は5社あって、
どれが良いのか良く分らず、船が大きくて揺れが少なそうな海運会社を選びました。
 日本の産業世界遺産「軍艦島」はあらゆる意味で日本の石炭産業の発展と衰退を縮図
のように体現している象徴的な存在だと思います。上陸してみると、そんな感想を吹
き飛ばすほどの圧倒的な存在感でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-30 15:39 | 九州旅行 | Comments(8)