人気ブログランキング |
2019年 06月 03日 ( 1 )
九州旅行8日目 長崎原爆資料館、平和公園
 長崎3日目は、予報どおり雨。
市内見学は、観光バスで巡ることにしました。
長崎駅前を朝10時に出発して、最初の見学地が原爆資料館と平和公園でした。
原爆資料館は沢山の海外の方と修学旅行生でとても混んでいました。
薄暗い資料館に展示されていたのは、心が破裂するほどに惨くて悲しいもので、涙が出てくるのを抑えることが出来ませんでした。
人類によって作られた「悪魔」がもたらした悲惨な歴史は、決して忘れてはいけないと今さらながら感じました。
(likebirds妻)









写真をクリックして拡大画像をご覧ください






長崎に投下された原爆「ファットマン」のレプリカ
a0052080_22315742.jpg






爆心地跡
a0052080_11023591.jpg







長崎平和祈念像と修学旅行生
a0052080_17275649.jpg






平和の泉
a0052080_11025513.jpg







折鶴の塔
a0052080_11030751.jpg







一本鳥居 観光バス車窓から
a0052080_11183469.jpg




 4月23日。九州旅行8日目は観光バスに乗っての長崎観光でした。幾つかの観光ルートから自分たちは「よかとこコース」
を選びました。お天気は予報通り雨で月並みですが「ああああーながさきーはきょうもーあめーだった」を思い出しながら
出発です。
 最初に案内されたのは長崎原爆資料館でした。原爆資料館を出るまでに自分の歴史観や社会感が吹き飛ぶような衝撃を受
けました。誰かまうことなく無差別に一瞬でこれほど大量の人の生命を奪う行為は、その残虐性において人類の歴史上ナン
バーワンだと思います。項羽でさえ、トルーマンには平伏すでしょう。
 自分はナショナリズムとは無縁だと思っていましたが、大量の同胞を無慈悲に奪う原爆投下には民族的な怒りも湧きまし
た。原爆投下が民主主義国家によって実行され、いまだに後悔されることなく正当化されている現代に矛盾を感じざるを得
せんでした。戦争許すまじですね。
 展示物を見て嗚咽を洩らすlikebirds妻の横で自分も思わず涙を拭きました。原爆資料館の展示物は見るだけで精一杯で写
真に撮るのを忘れていました。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-06-03 18:55 | 九州旅行 | Comments(6)