人気ブログランキング |
2019年 08月 14日 ( 1 )
コシジロウズラシギ
 コシジロウズラシギと言う、初耳のシギを撮りに行ってきました。
現地に着いたときは、まだ見られていないとのことで少し不安になりましたが、幸いに程なくして姿を見せてくれました。
他のシギと見分けがつくか心配でしたが、最初はたった一羽での登場でしたので、間違いようもありません。
コシジロウズラシギは地味ですが、俊足でとても可愛いシギでした。
当日は久しぶりにお会いしたご夫妻と楽しいお話が出来て、嬉しかったです。
お世話になりました。
(likebirds妻)






写真をクリックして拡大画像をご覧ください







午前6時 コシジロウズラシギの嬉しい初見初撮りです
a0052080_22070519.jpg







印象は「ん~ん まぁシギです」
a0052080_22215191.jpg







盛んに砂をつつきます
a0052080_21575007.jpg







ゴカイのような小さな水棲生物を探しているようでした
a0052080_22162551.jpg







雨粒が羽根を覆います
a0052080_21580946.jpg






V字眉^^
a0052080_21582708.jpg







走りだしたら速い速い  追うのは大変です
a0052080_22074470.jpg







コシジロウズラシギの腰白(下尾筒白)ぶり
a0052080_22080123.jpg





8月13日 九十九里浜撮影
 いつも親切にしていただいている友人からコシジロウズラシギの連絡を受けたときには思わず
図鑑「フィールドガイド日本の野鳥」で調べました。恥ずかしながら初耳の鳥名でした。この図
鑑には幼鳥の挿絵しか載っておらず、珍鳥であることは間違いありません。ネット上のこの鳥の
写真をプリントアウトして出かけました。
 午前3時半に出発して、6時前には九十九里浜の河口に着きました。河川敷にでたときには、
その場にコシジロウズラシギはその場に見えず、久しぶりの友人達や、ご夫妻達とのご挨拶の場
となりました。
 しばらくしてご夫妻の奥様から、200mほど下流に出ていると連絡が入り、みんなでワラワラ
とそちらに向かいました。
 カメラマン達が固まってカメラを構えている場所へ着くと、砂と潮溜まりが半々くらいのとこ
ろでたった1羽で元気よく歩き回りながら餌を探すシギが目的のコシジロウズラシギでした。
 やったー! 嬉しい初見初撮りです。恥ずかしながら初耳ですが。。 
 まったくの受け売りですが、日本で4例目だそうです!
 大きさはミユビシギよりは少し小さく、トウネンよりは大きいくらいに見えました。肉眼で見
るとミユビシギよりかなり身体が細く、その分横長に見えます。目、クチバシ、脚が黒く、上面
は茶褐色。腹は白く、一見してまぁ地味なシギでした。
 腰が白いところを見たいと思って狙いましたが、なかなか見せてはくれませんでした。もうす
ぐ7時になるというタイミングでちょっと後ろ向きに飛んでくれてやっと見ることができました。
 脚の生えている根元が腰だとすると、白いのはもっと尾羽に近いほうで下尾筒だと思われます。
 大型台風が近づいているからなのかどうかは知りませんが、早朝の空は暗く、いきなり雨が降
って来て車に傘を取りに行ったりして大変でした。そんな中で周囲のシャッター音にも煽られて
滅茶苦茶に撮りまくってしまいました。そんなことが良いのか悪いのか考える暇もなく、今を逃
したら二度目は無いかもしれないという思いだけでシャッターの上に置いた指に力が入ります。
  膨大な瓦礫のような写真の中から午前6時台に撮った写真をとりあえず選んでみました。
 (likebirds夫)


by likebirds | 2019-08-14 23:55 | 野鳥観察 | Comments(8)