人気ブログランキング |
<   2018年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
コサギ
  木道を進んでいくと「おっ、コサギ!」と夫が指差しました。
なんと!目に入ってしまそうな近くにコサギがいました。
コサギは、直ぐ側を人が歩いても気にする様子も無く、羽繕いしながらのんびりしていました。
雪に負けないくらい白くて綺麗なコサギでした、(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_08461083.jpg







a0052080_18185910.jpg



 左右に雪の残る木道を進むと氷の割れ始めた池の袂にコサギが佇んでいました。見事な飾り羽ですっかりお洒落を決めてい
ました。鳥の世界ではもうとっくに春が始まっているようです。
 そう言えば本日で1月も終わりです。でもまた降雪予報も出ています。人間の世界ではまだしばらく冬ですね。(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-31 17:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
キセキレイ
 雪の上を尾をふりふりせかせかと忙しなく歩き回るキセキレイが、盛んに雪をつついていました。
雪の中から小さな実を見つけては食べているみたいでした。
レモンイエローが白い雪に映えて、とても綺麗なキセキレイでした。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_22144704.jpg







a0052080_22150185.jpg







a0052080_22154600.jpg








a0052080_22434302.jpg








a0052080_22434330.jpg








a0052080_22434469.jpg




 トラツグミを撮影した木道を進むと、雪の上のものを夢中で写しているカメラマンがいました。何を撮っているのだろうと
近づいてみるとキセキレイが忙しなく雪上で動いていました。残雪に日が当たってキセキレイも輝いてとても美しい光景に見
えました。
 カメラマンが撮り飽きて立ち去るのを待って、私たちも真似させてもらいました。キセキレイは極めて身近な鳥で珍しくも
何ともありませんが、待鳥来たらずの私たちにとっては格好の被写体でした。この鳥さんに久しぶりにレンズを向けましたが
動きが素早くて結構苦戦しました。(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-30 17:02 | 野鳥観察 | Comments(2)
トラツグミ
 大きなヤドリギのある公園に出かけてみました。
狙いの鳥さんは来てくれませんでしたが、雪が沢山残る森で雪の中を元気に歩き回るトラツグミを見ることができました。
雪とトラツグミのコラボは初めてでしたので、とても嬉しい出会いでした。(likebirds妻)



薄暗い雪の上をとことこ歩いています
a0052080_12192623.jpg







なかなか開けたところに出て来てくれず苦戦しました
a0052080_12371526.jpg







トラツグミの背中の虎模様 ご立派です
a0052080_12391891.jpg






今度は雪の斜面を急ぎ足・・・
a0052080_12194524.jpg






すごい前のめりで^^
a0052080_12203131.jpg






枝どまりも見せてくれました
a0052080_12205135.jpg







身を屈めると枝にとまったトラツグミが見えました
a0052080_12422037.jpg







暗い林の倒木に乗りました
a0052080_12435958.jpg





 ヤドリギの生えた大きなケヤキの下で朝早くから3時間もボケっと立って待ちましたが、主役は現れませんでした。
カメラや双眼鏡を持った人が徐々に増えて30人ほどに膨れ上がりましたが、皆さんがっかりでした。6日前に積もった雪が
随所に残っていて、上ばかり向いているので足元が不安でしたが、自分も含めて誰も転びませんでした。流石です。
 待ちくたびれて、欅にちなんで欅坂46のメンバーでも来てくれないかと戯言を考え始めた頃、ちょうど11時。諦めました。
 これではあまりにも無駄足だと思い、林の周囲を囲む木道を散策することにしました。歩き始めてすぐに数人が木道に立ち
止まって暗い林の中を覗き込んでいるので自分たちも加われせてもらいました。ソテツの葉の横にトラツグミが居るとのこと
でしたが、みんなが見ているのに自分にはなかなか見えませんでした。ときどき移動するようで、親切な方が「何とかの右!
何とかの前!」「ああ今は何とかの後ろで頭だけ見えてる!」と説明してくれるのですが、どうしてもわからなくて恥ずかし
くなりました。
 一度トラツグミを見つけることが出来ると不思議なもので目が慣れます。先ほどまで項垂れていたのですが、急に雄弁にな
り今度は説明役になりました。笑えます。(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-29 13:10 | 野鳥観察 | Comments(8)
ルリビタキ♂
 斜面にルリビタキが飛んできてくれました。
夢中でシャッターを押す私達を不思議そうに見ながらも、餌探しに夢中で落ち葉をひっくり返したり、首を突っ込んだりしていました。
近くまでやって来てくれて、とても楽しかったです。 
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください






最初は斜面の高いところに居て様子を窺うような。。
a0052080_17170565.jpg







少しだけ近くに来ました  その後は大胆でした
a0052080_17192092.jpg






こちらを不思議そうに見つめました
a0052080_22174271.jpg







木の実、見っけ!
a0052080_17102208.jpg







あっという間に呑み込みました
a0052080_17150302.jpg



 前回は水場のルリビタキをUPしましたが、その直前の写真です。斜面の高い場所でこちらを窺うような素振りが見えました。
その後、徐々に斜面を下りて来ました。危険はないと安心したのか、大胆になって数メートル先まで近づいてきました。(likebirds夫)


by likebirds | 2018-01-26 17:24 | 野鳥観察 | Comments(6)
オオワシ  遠くの狩り
オオワシが湖のカワアイサを狙って飛びました。
いったんは狩に成功したので、こちらに飛んでくるかと期待しましたが、
カワアイサは水に逃れたようでした。
遠かったのですが、凄い場面ではらはらしました。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




オオワシが氷上のカワアイサに向かっていきます
a0052080_14541494.jpg







カワアイサを掴みました 横からカラスが狙っています
a0052080_14541487.jpg







カワアイサをぶら下げています  そのあとカワアイサを落としてしまいました
a0052080_14541450.jpg







再チャレンジ!!  カワアイサは潜って難を逃れました
a0052080_14564253.jpg




 あまりにも遠くて写真も酷いのですが、あえてUPしてみます。
 カワアイサを襲うオオワシのシーンです。カワアイサは氷の上ではヨチヨチ歩きでオオワシに狙われるとあっさり捕まりました。
泳いでいる別のカワアイサを襲っているシーンでは潜られて狩りは失敗でした。まさに水を得た水鳥だと妙に納得しました。
諏訪湖を望む高台に居た我々からは遥か遠くの出来事でした。湖畔に並んでいたカメラマンたちには凄いシーンだったと思います。
(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-25 17:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
ジョウビタキ♀
 ルリビタキが飛んでいったので、近くを歩いてみたらジョウビタキのメスがいると教えてもらいました。
行ってみると「さっきまで、すぐそこに止まっていたのよ」と・・・
でも近くの柵に止まっているのを見つけました。
少しツンツンした愛らしいジョウビタキのメスはとても好きです。
(likebirds妻)



a0052080_21142900.jpg







直ぐに楓の木に飛んでしまいました、下から見るとまるで別の鳥!?
a0052080_21145039.jpg


 残念ながら、ボクは撮れませんでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-24 17:00 | 野鳥観察 | Comments(2)
アオゲラ
 この小さな柿の実、熟しすぎてやわらかくなっていて、とても美味しそうでした。
アオゲラは何度もやって来て、美味しそうに食べていました。
久しぶりにアオゲラを沢山見ることができて嬉しかったです。(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



柿の木にアオゲラがやって来ました  柿は大好きのようです
a0052080_17370685.jpg







ながーい舌
a0052080_21520128.jpg






別の木に映って一休み
a0052080_17382571.jpg






ここで長いこと餌をつついてました
a0052080_21522138.jpg



 昨日の午前中から降りだした雪ですが、止むことなく朝まで降って久しぶりの銀世界になりました。降る降るとは予報で
聞いていましたが、いざ降られてみると呆れかえります。首都圏の交通はマヒ状態で大混乱ぶりをテレビで見ております。
 思わぬ事故などに遭わぬようお気を付けください。

 キマユムシクイが来るという柿の木の前で待っているとアオゲラが飛んで来ました。声を出したいほど退屈していたので
このアオゲラは救いの神でした。そういう人が多かったようで、どのカメラマンも夢中でシャッターを切っていました。
(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-23 17:00 | 野鳥観察 | Comments(4)
ルリビタキ♂
 公園の水辺にやって来るルリビタキを見に行ってきました。
きりりとした眉が凛々しい、とても綺麗なルリビタキでした。
苔の岩場の素敵なルリビタキを見ることができて嬉しかったです。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



まずは水場の上方の苔の生えた岩に。。
a0052080_13130270.jpg






水がたまったところに降りてきました
a0052080_21362437.jpg





さあ! 水浴びを始めるぞ、と思ったら
a0052080_13135765.jpg






水浴びは奥のほうで控えめでした
a0052080_21365702.jpg



 本日の天気予報は雪でした。どうせ、氷雨か雪がぱらつく程度だろうとたかをくくっていたら10時前から降りだしました。
どうりで朝から寒いはずです。雪がらみを撮ろうなんて出かけて滑って転ばないようにお気を付けください。
 写真は先日、1月20日のものです。
 ルリビタキのオスが水場へ来る公園へ行きました。10時頃ついて待っていると約40分後に出て来てくれました。その後
も数回出て来てくれましたが、水場へは来ませんでした。
 現地でお会いした方々には大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。(likebirds夫)


by likebirds | 2018-01-22 17:00 | 野鳥観察 | Comments(4)
ユリカモメ
 海辺でユリカモメが戯れるように弧を描いて飛んでいました。
先に餌を見つけた一羽を追いかけているみたいですが、まるで円舞のように見えました。
(likebirds妻)




a0052080_16345985.jpg







a0052080_16353130.jpg
 







a0052080_16354450.jpg








a0052080_17474509.jpg


 クチバシと足の両方が赤いカモメは国内ではユリカモメだけですね。背中のグレーもことさら薄く美しいのですが、希少価値がありません。
 ユリカモメは東京都の鳥です。関東では初夏から真夏まで時期を除いてはほぼ普通に見ることが出来る鳥です。繁殖地は
ユーラシア北部でアイスランドまで行く個体もいるそうです。
 そう考えてみると東京都からは連想しにくい北半球ユニバーサルなカモメだと思います。では東京都の鳥に相応しい鳥は
と考えてみると。。そう言えば東京都でしか見ることのできない鳥さんがいました。そう!昨年行ってきた小笠原母島の
メグロです。でも、本州から1000kmも離れているので詭弁と言われそうです。
 ですからユリカモメが都鳥であることに反対であるわけではありません。(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-21 17:00 | 野鳥観察 | Comments(2)
トウゾクカモメ
 航路は風が強くて波は荒かったですが、
トウゾクカモメは何度か船の近くを飛んでくれました。
そのたびに盛り上がりました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_17580897.jpg








a0052080_17580866.jpg








a0052080_17580889.jpg


 遅ればせながら昨年の大洗・苫小牧航路ツアーのときのトウゾクカモメです。自分で狩りをせずに他の鳥の捕ったものを
奪うのを専門としているために盗賊と付けられた名前だそうです。実際、ミツユビカモメやウミネコが群れているところで探
すと大概はトウゾクカモメが見つかりました。ウミネコを追いかけ回している場面を目撃しましたが、撮れたのはブレ写真で
没となりました。
 トウゾクカモメは名前にカモメと付いていますが、ミズナギドリの仲間です。名前はともかく海面から少し高い位置を猛烈
なスピードで直線的に飛ぶ姿は海の猛禽を思わせるほど精悍な鳥でした。
(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-20 17:00 | 野鳥観察 | Comments(2)