人気ブログランキング |
<   2019年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
九州旅行7日目 長崎 軍艦島
  軍艦島は、正式には端島(はしま)と言います。
長崎の南西の海上17.5キロに位置します。
ここでの石炭の発見は1810年と言われていますが、その頃は漁師が副業として細々と採掘していたそうです。
その後鍋嶋藩深堀領主の所有となり、その後三菱が所有することとなりました。
小さな瀬だった端島は1897年から1931年までに六回の埋め立てをして、三倍の大きさの島になりました。
それから1974年に閉山されるまで、良質な石炭が採掘され、島は鉄筋の小学校中学校、集合住宅、必要な施設も充実していたそうです。
上陸して見学できるのは南側のほんの一部だけでしたが、当時の規模の大きさを目の当たりにして、本当に圧倒されました。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください







長崎港ターミナル
a0052080_13435141.jpg











私達が乗り込むヤマサ海運「ペルージャ3」「マルベージャ3」
a0052080_19234124.jpg







世界遺産  100年以上現役で稼働を続ける巨大クレーン(写真右)
a0052080_19272127.jpg







建造中の自衛艦? 詳細不明です
a0052080_19335545.jpg







海辺の造船所と斜面を登る住宅街
a0052080_23294986.jpg







カトリック神の島教会と岬のマリア像
a0052080_19350952.jpg







前日に訪れたカトリック馬込教会を海から
a0052080_19384134.jpg







伊王島大橋を下から
a0052080_19394041.jpg







軍艦島 ドルフィン桟橋 
a0052080_21042909.jpg








貯炭ベルトコンベアーの支柱、奥に見えるのは学校
a0052080_13451386.jpg







高台の貯水槽、後に見えるのは閉山後に建てられた灯台
a0052080_13460428.jpg





赤レンガ造りの総合事務所跡、島の司令塔的存在で子どもは入れなかったそうです
a0052080_13470075.jpg





工場跡
a0052080_13474793.jpg





プール跡
a0052080_13480919.jpg






小さな祠のような端島神社
a0052080_10240161.jpg







西側の居住棟、波除の役目もあったそうです
a0052080_00221896.jpg







端島は軍艦「土佐」に似ていることから軍艦島と呼ばれるようになったそうです
a0052080_23343500.jpg







軍艦島観光船内から
a0052080_23355180.jpg





 九州旅行7日目、午前中は軍艦島観光に出かけました。軍艦島の観光船は5社あって、
どれが良いのか良く分らず、船が大きくて揺れが少なそうな海運会社を選びました。
 日本の産業世界遺産「軍艦島」はあらゆる意味で日本の石炭産業の発展と衰退を縮図
のように体現している象徴的な存在だと思います。上陸してみると、そんな感想を吹
き飛ばすほどの圧倒的な存在感でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-30 15:39 | 九州旅行 | Comments(8)
九州旅行6日目 長崎 稲佐山夜景
  稲佐山の夜景は、函館、神戸と並んで日本三大夜景と称されています。
この日は雲ひとつ無い晴天で、美しい夜景がとても楽しみでした。
早めの夕食は、佐世保バーガーを食べました。
これでもかと言うほど具材が沢山で、フォークで切り分けて食べました。
とても美味しかったです。
長崎を一望する稲佐山展望台は、沢山の観光客で迷子になりそうでした。
まだあたりが少し明るいブルーモーメントの頃から、夜の帳に包まれる頃まで、美しい夜景を楽しむことが出来ました。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください




ブルーモーメントの夜景
a0052080_13461395.jpg





すっかり日が暮れました
a0052080_13474247.jpg






旭大橋付近
a0052080_23595136.jpg







ちょうど帆船フェア開催中でした
a0052080_00000464.jpg







三菱長崎造船所  世界遺産のジャイアント・カンチレバークレーン(写真左)
a0052080_00001436.jpg







展望台西側  伊王島大橋、高島、軍艦島も見えます
a0052080_00002760.jpg









佐世保バーガー ボリューム満点でした
a0052080_23190939.jpg







長崎駅前歩道橋から
a0052080_00005689.jpg





 野母崎半島を北上し、長崎の街に入りました。博多でもその大きさに驚きましたが、長崎も自分の想像を
超える繁華街でした。
 長崎は道幅の狭い坂の多い街で安易に車で走ると雪隠詰めになると聞いていたので、車は駐車場に止めっ
ぱなしで、観光は歩きとバスにしました。
 夕方には予約していた観光バスで稲佐山の夜景を見ました。どこの夜景も綺麗ですが、長崎は広いだけで
なく、山の斜面を住宅などの建物が登るように立っていて、とても立体的に見えて素晴らしいものでした。
 (likebirds夫)


by likebirds | 2019-05-27 14:08 | 九州旅行 | Comments(8)
九州旅行6日目 長崎 善長谷教会 馬込教会
 潜伏キリシタン関連遺産の教会、最初に善長谷教会と馬込教会を見学しました。
善長谷教会は、山の上の眺望の素晴らしいところにひっそりと立っていました。
馬込教会は、海沿いの街に建つ白亜のお城のような美しい教会で、遠くからも目立ちました。
これが沢山の教会を訪れるスタートになりました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください






レンガ色と白の可愛い教会と前に立つ楠の木
a0052080_17523521.jpg







神父の非巡回日で誰にもお会いできませんでした
a0052080_19294633.jpg







アンゼウスの鐘
a0052080_17525404.jpg







この教会からの眺望は有名です
a0052080_19310250.jpg






白亜の美しい教会
a0052080_17530851.jpg







馬込教会を横から
a0052080_20481844.jpg








対岸は長崎港です
a0052080_20155477.jpg






伊王島大橋
a0052080_20163557.jpg






 九州旅行6日目、4月21日。野母崎半島先端部と樺島の観光の後、カトリック善長谷(ぜんちょうだに)教会と
伊王島(沖之島)馬込教会を訪ねました。
 善長谷教会は野母崎半島を縦断する国道499号線から脇道に入ったところにありました。脇道は車で入るのを躊
躇うほど狭く、対向車が来たときの待避所も少なかったです。幸い、まったく対向車は来ませんでした。しばらく走
ると今まで見たことも無いほどの小さな集落に着きました。善長谷教会は険しい急斜面の中腹にありました。
 禁教下の江戸初期に潜伏キリシタン7戸が旅芸人を装ってこの地に移り住んだのが集落の始まりと言われているそ
うです。小舟で渡ってきたとの言い伝えもあるそうです。
 この集落はその子孫たちが代々暮らしてきました。後の明治になり禁教令が解かれると、カソリックに改宗して
善長谷に残り、その子孫たちによってこの教会は造られたとのことです。
 その時にカソリックに改宗しなかった人たちはこの地を離れたそうです。
 善長谷教会から見る眺望の良さは有名で、知りませんでしたが、遠藤周作、なかにし礼、さだまさしなどの作品
に登場するそうです。とくに夕日の沈む景色は絶品とのことです。
 次に訪れたのは馬込教会です。野母崎半島から伊王島大橋を渡った沖之島に馬込教会はありました。禁教令下の明
治初期に信徒が小さな堂を立てたのが始まりです。その後、潜伏キリシタンがすべてカトリック信者になり、後に来
たマルマン神父設計のレンガ造りの教会が立ちました。しかし、その尖塔は台風で倒れ、再建されて現在にいたるそ
うです。
 善長谷教会の小ささと質素さに驚きましたが、馬込教会は周囲の人家も多く立派な教会でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-25 12:21 | 九州旅行 | Comments(4)
九州旅行6日目 長崎 野母崎半島 軍艦島 ツバメチドリ
 この日も快晴、日差しの眩しい一日でした。
5年前に諫早干拓に行った時に行けなかった野母崎半島と樺島へ行ってみました。
途中の景色はとても美しかったのですが、残念ながら鳥を見ることはできませんでした。
昼前には沖ノ島へと向かい、途中で軍艦島展望所に寄り、そこの海岸でツバメチドリを見ることができました。
思いがけないところでツバメチドリを見ることができて嬉しかったです。
(likebirds妻)








写真をクリックして拡大画像をご覧ください







野母崎半島先端を目指しました
a0052080_17480234.jpg







野母崎展望公園からの見晴らし
a0052080_17491484.jpg







樺島へ入ります  樺島灯台を目指します
a0052080_17505766.jpg







樺島灯台公園展望台から野母崎半島先端を望みます
a0052080_17544683.jpg







樺島灯台公園の水場
a0052080_17521182.jpg







野母崎半島に戻って  中央の小島の左奥が軍艦島、右奥が高島・伊王島・沖之島
a0052080_17571925.jpg







遠くに軍艦島
a0052080_18251458.jpg







散らばった漂着物のなかに鳥が居ました
a0052080_18163924.jpg







じっと動きません
a0052080_18253445.jpg







まったく動けなかったツバメチドリ  やっと後ろを振り返りました
a0052080_18171574.jpg






 九州旅行6日目、早朝から野母崎半島先端を目指しました。この場所は五島列島に近く、
春の野鳥の渡りルートのひとつです。野母崎展望公園を観光の後、野母崎半島先端南の樺
島へ入りました。樺島には野鳥の立ち寄る水場がありました。ここで、一昨日まで滞在し
た「よか干潟公園」に超珍鳥のヘラシギが今出ていると聞きました。今までなら絶対に
戻っているところですが、今回は涙を呑みました。
 この水場は有名な場所ですが、今日に限ってメジロ一匹やって来ませんでした。これが
バイきんぐ小峠の「なんて日だ!」というやつです。やはり日頃の行いでしょうか?
 水場でしばらく待ちましたが、しびれを切らし樺島から野母崎半島へ戻り、北側の軍艦
島展望所という場所へやって来ました。カメラマンが砂浜にレンズを向けているので見る
と、ツバメチドリが居ました。
 やっと今日の収穫にツバメチドリを撮影することが出来ました。このツバメチドリは到
着したばかりの様で剥製のようにまったく動きませんでした。海を渡って疲れ切っていた
だろうと思います。しばらくすると首を動かし後ろを見ました。もう大丈夫かとその場を
離れました。(likebirds夫)


by likebirds | 2019-05-23 20:50 | 九州旅行 | Comments(6)
九州旅行5日目 長崎 雲仙地獄 小浜温泉
 原城を後に、雲仙地獄に到着したのは午前11時前、熱風とかんかん照りの天気で、息苦しいほどでした。
山全体のあちこちから、すごい勢いで湯気が不規則に噴出し、あたりは硫黄の匂いが立ち込めていました。
目の前に広がるのは、白く焼けたゴロゴロの石。
何も生きていくことは出来ない、まさに地獄でした。
ここを見下ろす高台には、殉教したキリシタンを称える十字架と碑がありました。
(likebirds妻)






写真をクリックして拡大画像をご覧ください






山全体が湯気に包まれていました
a0052080_22062886.jpg







ジュウジュウと沸騰する音が聞こえました
a0052080_22411959.jpg







「地獄内は危険です」の看板  笑えました
a0052080_22405879.jpg







雲仙地獄で拷問と処刑が行われ、殉教したキリシタンを称える十字架と碑が立っていました
a0052080_22064791.jpg






小浜温泉湯棚、近づくと熱かったです
a0052080_22225752.jpg







日本一の足湯(長さ?) 「ほっとふっと105」
a0052080_23304773.jpg







「波の湯 茜」 300円なので入ってみました
a0052080_23305681.jpg








 島原半島の雲仙地獄を見物して西に抜けるとオバマ大統領のときに有名になった小浜市です。
有名な小浜温泉にやって来ました。ここには隣接する二つの大きな駐車場がありました。長崎
市営駐車場と長崎県営駐車場です。入り口は同じで、右へ行くと市営、左は県営です。面白い
のは市営は有料、県営は無料でした。県営駐車場に車を止めている人が「こっちへ来い」と手
招きするので県営駐車場にしました。手招きされなくても当然ですが。
 足湯などにも入ってみたのですが、入浴料300円の海岸露天風呂があったので昼でしたが
安いので入ってみました。「波の湯 茜」です。
この風呂は満潮時は湯船の水位と海面が20cmという露天風呂で、泉質はナトリウム塩泉です。
一言で言うと、海水を沸かしたんじゃないの?という感じでした。
 風呂には誰も居なくてのんびり入ろうと思いましたが、何故か熱過ぎてて入れませんでした。
仕方がないので横長の湯船の隅だけ水で薄めてそっと入っていました。
 そこへ40台中ごろの垢抜けた感じの男性が入って来て、スマホで写真を撮り始めました。
別に迷惑とも感じずにいたのですが、だんだん自撮りを始めたのです。全裸で立って、置い
たスマホのタイマーで撮り始めたので幾分閉口しました。「いいよね。アンタは撮らないか
ら」と言われ、「はい」と答えました。
 そのあと、その人は勢いよくザブンと湯船に入りました。その瞬間、「アヂーーー!」と
悲鳴を上げて飛び出しました。人が普通に入っているので適温と思ったようです。私のほう
にも熱い湯が押し寄せてきたので、あわてて自分も出ました。
 その人はヒーヒー言いながら冷たい水道を体中に当てていました。私も頭から水を浴びて
海水のような湯を洗い流してその場を黙って去りました。
 まぁ、死ぬようなことはないでしょう。
 そのほか、食事をすると風呂代が只になる食堂兼ホテルもありました。興味が湧いてその
風呂にも入ってみました。(likebirds夫)



by likebirds | 2019-05-22 18:00 | 九州旅行 | Comments(2)
九州旅行5日目 島原 原城と日野江城
 小高い丘の上全体が原城跡でした。
あたりは緑に溢れて、ヒバリの声が賑やかです。
ここが島原の乱があった場所とは、言われなければ分からないほどです。
悲惨な戦いを思うと、気持ちが落ち込みましたが、この場所を訪れて
良かったと思いました。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください





青々と草生した城跡
a0052080_23085700.jpg






ちょこまかヒバリ
a0052080_21573059.jpg







咲き誇る斜面を登ると原城本丸付近が見えてきます
a0052080_18585100.jpg







敵味方関係なく骨を拾い霊を慰めたホネカミ地蔵
a0052080_19005322.jpg









海を見つめて立つ石像
a0052080_23092788.jpg






天草四朗の墓
a0052080_23094810.jpg







幕府方鳥取藩士佐分利九之丞父子の墓
a0052080_19062834.jpg







原城天守跡地の十字架  如何にもの写真でアレですが。。
a0052080_10131669.jpg








原城は元々この日野江城の支城だったそうです
a0052080_23100823.jpg







日野江城本丸跡地へ向かう通路
a0052080_19083210.jpg






城跡がひっそり
a0052080_23102661.jpg







 九州旅行5日目、早朝に土石流被災家屋保存公園から島原半島の南部にある原城を訪ねました。家族とともに
立て籠もった3万7千人が激戦の末に皆殺しにされたという場所に立ってみても神妙な気持ちにこそなれ、あま
り実感は湧いてきませんでした。幕府による原城の徹底的な破壊と380余年という年月の流れが現実感を薄めて
いるようでした。周辺は紅白の芝桜の花畑、風に揺れる麦畑、見下ろせば風光明媚な有明海でした。
 内戦としては西南戦争に匹敵する大規模で熾烈な反乱で、これがともに九州で起こったことに少しばかり因縁
を感じます。西南戦争は討幕の主力を担いながら、武士の身分を失い居所の無くなった士族たちと明治政府の戦
いと言えますが、島原の乱は農民・漁師・商人・キリシタンの帰農武士たちと反乱軍の構成が多様であることが
内容を複雑にしていると思います。
 島原の乱は南島原の農民一揆から端を発し規模を拡大しながら島原城を攻めますが、本丸攻略までには至りま
せんでした。数日遅れて、反乱は飛び火して天草地方でも一斉蜂起が起こります。こちらも富岡城をあと一歩の
ところまで攻め立てますがついに攻め落とすことはできませんでした。天草の蜂起の主力はキリシタン大名小西
行長や有馬晴信の旧家臣たちのようです。天草四郎も小西行長の家臣の息子という説が有力です。
 手詰まりの天草の反乱軍は島原へ渡り、島原の一揆軍と合流して既に廃城になっていた原城に籠城することに
なります。このときに誰もが家族全員で原城へ籠城したことが、島原の乱の悲惨な結末を数倍に拡大しました。
 反乱軍は籠城するだけでなく、日本各地に蜂起を促す檄文を送っていたそうです。これは追い詰められた農民
が窮鼠猫を嚙む反乱に出たというのではなく明確に政権転覆の方向で行動していたことを示していると思います。
 原城への籠城は敵城攻略に失敗した反乱軍が時間稼ぎのためだと思いました。全国各地での蜂起を期待してい
たのではないでしょうか。もうひとつはポルトガルの介入・支援を待っていたでしょう。実際、キリシタン戦国
大名の有馬晴信は沖田畷の戦いでイエズス会から食料・弾薬の支援を受けて数倍の敵に大勝利しています。この
ときもポルトガルの大砲が活躍した記録があります。有馬晴信は結局、代償として長崎の浦上をイエズス会に寄
進させられました。(当時のポルトガル・イエズス会の常套手段ですね) この記憶は当時鮮明だったはずです。
 天草四郎以下3万7千の人たちは来るはずのないポルトガルの救援を待ち続け、代わりにオランダ船から4百
発もの艦砲射撃を受けて大打撃を受けます。天草四郎も負傷したとのことです。
 幕府軍による兵糧攻めの後の総攻撃を受けて皆殺しにされる様子は凄惨そのものです。
 日野江城は元々から有馬氏の居城で、原城はその支城として造られたものだそうです。原城があまりにも有名
だったので逆に覚えていました。
 原城は世界遺産の一部ですが、日野江城は禁教時代とは関係がないとして世界遺産の登録からは外されたとの
ことです。島原の乱は小西行長や有馬晴信の戦国大名のローマカトリックの保護と強力な地元組織の育成なくし
ては語ることが出来ないと思いますが。。 その後の潜伏キリシタンも強固な地元組織あればこそです。
 有馬晴信の居城、日野江城が世界遺産から除外とは。有馬晴信は神社仏閣を破壊して、その石材を通る人が足
で踏む城の階段に使用させたそうです。それが外されるとは。400年経っても運のない人ですね。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-21 21:45 | 九州旅行 | Comments(4)
九州旅行5日目 島原 土石流被災家屋保存公園
  雲仙普賢岳噴火の恐ろしい映像は、本当に衝撃的なものでした。
真っ黒な煙の悪魔が山を駆け下りて、そこにあったすべてのものを呑み込んでしまったようでした。
屋根だけ残して、火山灰に埋もれてしまった被害家屋を見て、当時の災害の凄さに衝撃を受けました。
どんなにか怖かったことでしょう。
今は静かに佇む普賢岳、自然の怖さをまざまざと感じました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください






土石流被災家屋保存公園から見た雲仙普賢岳
手前駐車場は隣接する道の駅「水無本陣ふかえ」
a0052080_22475684.jpg







噴火・火砕流後の土石流に埋められた家屋が現況のまま保存されています
a0052080_22505012.jpg







この場に立つと普賢岳が怖ろしく異様でした
a0052080_22510350.jpg







テント張りの保存施設もありました
a0052080_22511687.jpg





 平成3年の雲仙普賢岳の大火砕流発生からもう28年だそうです。平成2年11月の噴火のときには
ニュースで知って「へェー」くらいだったのですが、翌年春の火砕流発生から「これはただ事じゃないぞ!」
となりました。
 火砕流という言葉もこの時初めて聞いて覚えました。それまでは山が噴火すると真っ赤な溶岩が出て来て
ドロドロと斜面を流れ落ちるものだと思っていましたが、粘度が高いと溶岩ドームを作って、それが一気に
崩れ落ちる火砕流というものもあるんですね。
 そんなことを友人と話しているうちに、大火砕流発生のニュースでした。結局、死者行方不明者43人の
大災害に発展してしまいました。逃げる人たちの後ろから真っ黒な煙が追いかけてくるテレビの映像は目に
焼き付いて忘れられません。
 それで終わりではなく、土石流が発生して麓の家屋を飲み込みました。それからも火砕流、土石流を交互
に繰り返していつ終焉するのかと気を揉む毎日でした。
 ここで自然の猛威と人間の無力とか言っても何の意味も持ちませんが、それでもやっぱり考えてしまいます。
 今回この場所に立って遥か遠くの普賢岳を眺めると、こんなところまで土石流が来たのかとあらためて驚
きました。犠牲になられた方達のご冥福をお祈りします。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-19 18:00 | 九州旅行 | Comments(8)
九州旅行 長崎県 島原城
 島原城に着いたのは、少し日が傾きかけた頃。
お城に続く坂道から、苔むした大規模な石垣が目に飛び込んできました。
ただただ静かに迫ってくる石垣には、威圧感さえ感じました。
島原城は、大きな美しいお城でした。
(likebirds妻)









写真をクリックして拡大画像をご覧ください






美しい島原城
a0052080_18073383.jpg







裏に降りていくと、キリシタンの墓碑が
a0052080_18075414.jpg






当時の水道管も
a0052080_18082158.jpg






島原の乱の原因となった立派な城郭
a0052080_18191973.jpg







苔むした石垣、とても大規模でした
a0052080_18083529.jpg







ゆるキャラのしまばらん(ちょっと意味深な気が。。考えすぎ?)
a0052080_18260065.jpg







 島原城は島原の乱の原因を作った城として有名ですね。1618年から7年かけて築城されました。
 有馬家が転封の後、肥前日野江4万3千石を継いだ松倉重政・勝家父子が幕府の一国一城制に従って
もともとあった原城と日野江城をぶっ壊して新たに造った城が島原城です。この城が石高から考えると
超の付くほどリッチ&ゴージャスな城で、領民に過大な労役や負担をかけたのがそもそもの始まりです。
 廃城する原城や日野江城から石垣の石を運ばせるために領民を有無を言わさず大動員。資金を得るた
めに大増税。新税の発明とその乱発のしまくりとそれこそ絵にかいたような暴君ぶりを発揮します。
 それだけでなく、幕府に気に入られようと江戸城の改築なども他藩を尻目に率先して引き受ける忠勤
ぶり。ボクほど立派な藩主は居ないよーーーという訳です。費用はもちろんゼーキンです。
 そんな松倉重政ですが禁教のキリシタンの取り締まりは案外寛大だったそうです。そんなことより労
役と税が重要だったのかもしれませんね。
 ところが三代将軍徳川家光にそれを注意されてしまいます。
   チミー! キリシタン取り締まり甘すぎじゃないのーー?
 慌てた松倉重政は豹変します。徳川得意の拷問「駿河問い」顔負けのSMチックな拷問をいくつも使
ってキリシタン達を弾圧しました。それは無垢の児童たちにも及ぶ残虐なものでした。詳しくはググっ
てみてください。とても書けません。
 次に思いついたのが、家光に忠誠のあかしとしてキリシタンの牙城ルソン島討伐を願い出ることです。
幕府の許可が出ると、その莫大な戦費を調達するために領内にさらなる重税をかけました。でも、既に
絞れるだけ搾り取られていた領民たちはどんなに無理をしても払えません。松倉父子は、もう物理的に
も払えない農民・漁師・商人・庄屋などの妻子を人質にとって責め上げました。
 松倉重政は小浜温泉で急死しましたが、子の勝家が政策をそっくりそのまま引き継ぎました。
 寛永14年、有馬村の庄屋の身籠った妻が人質にされます。村中の人が集まり救出策を考えましたが
なによりもう差し出すものがありませんでした。結局、庄屋の妻は水責めにされ、母子ともに絶命しま
した。村民には反乱以外の道は残っていませんでした。衆議一決、代官屋敷に雪崩込みました。
 ついに島原の乱の幕が切って落とされたのです。
 そう言えば、もうすぐ増税がやってきますね。自分的にはまったく上記と関連付けてはいませんが。
 (likebirds夫)


by likebirds | 2019-05-18 18:00 | 九州旅行 | Comments(4)
九州旅行 4日目 佐賀 祐徳稲荷神社
 よか干潟から、祐徳稲荷神社へ向かいました。
佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社は、伏見稲荷神社、笠間稲荷神社と並び日本三大稲荷神社に数えられています。
商売繁盛、家運繁栄などで尊崇されています。
山腹に、朱塗りの豪華絢爛できらびやかな建物がどーん!と建っていて、本当に見事でした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください






道路を挟んだ巨大な駐車場から
a0052080_15063752.jpg








まだ桜が咲いていました
a0052080_21411630.jpg







清水の舞台より高いそうです
a0052080_15081393.jpg








a0052080_15102384.jpg







豪華な装飾
a0052080_15093769.jpg









鳥居のトンネル
a0052080_21414531.jpg







ご本殿からの眺め
a0052080_15110376.jpg







諫早市に入るとメロンのバス停
a0052080_16203979.jpg







イチゴのバス停
a0052080_16205677.jpg







駅の周りは波打際、船も見えます これはびっくり
a0052080_17302184.jpg






スタイリッシュな電車が通過しました
a0052080_16334642.jpg





 4月19日、よか干潟での渡りのシギ・チドリ観察の後は島原へ向かいました。その途中に
祐徳稲荷神社があります。
 テレビ東京の「出川哲郎の充電させてもらえませんか」に放映されていたので寄ることにし
たものです。祐徳稲荷神社は聞きしに勝る規模と絢爛豪華さで驚かされました。
 日本文化というと「わび・さび」が頭に浮かびますが、朱色に金箔が原点かもしれませんね。
 長崎県諫早市に入るとフルーツ型のバス停がありました。それよりも驚いたのは長崎本線の
小長井駅でした。駅のホームは石混じりの波打ち際にありました。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-17 17:13 | 九州旅行 | Comments(2)
九州旅行 4日目 佐賀 カササギ
 よか干潟を後にして、のどかな道を走っていたら夫が「カササギ、そこ!」と夫が・・・
見ると電柱に大きな巣があり、カササギが巣材を運んでいるところでした。
カササギをまた見ることができて嬉しかったです。
(likebirds妻)






写真をクリックして拡大画像をご覧ください





大きな巣
a0052080_20273344.jpg







巣材は頑丈な枝
a0052080_20520195.jpg






まぁるい尾
a0052080_20275267.jpg






民家の庭へ入っていきました
a0052080_20280497.jpg




 2日間楽しんだよか干潟公園を後にして道路を走っていると電柱に巣をかけているカササギが目に入りました。
 道路わきに車を止めて少しの間写真を撮らせてもらいました。カササギはこちらを気にしていないように見えて
相当気にしているようでした。斜め後ろを向くことが多く、横目ならぬ後ろ目でこちらを警戒していました。
(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-16 19:00 | 九州旅行 | Comments(6)