人気ブログランキング |
<   2019年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
コモンシギ(2)
  目の前に飛んできてくれたコモンシギ、忙しなく田んぼを歩き回り、餌探しに夢中でした。
満遍なく歩き回り、すぐ近くまでやってきてくれます。
期待したパタパタなどのパフォーマンスは見せてくれませんでした、
でも、コモンシギを見る事ができただけで本当に感謝です。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください






トウネンと
コモンシギ(2)_a0052080_22525162.jpg






6羽のトウネンとコモンシギ
コモンシギ(2)_a0052080_22233484.jpg







穏やかな雰囲気で採餌
コモンシギ(2)_a0052080_22250367.jpg









トンボも仲良し?
コモンシギ(2)_a0052080_23163384.jpg





パフォーマンスは伸びだけ
コモンシギ(2)_a0052080_21004521.jpg






背伸び~~
コモンシギ(2)_a0052080_21010213.jpg






ノートリです
コモンシギ(2)_a0052080_21012205.jpg







すっかり人慣れしていました
コモンシギ(2)_a0052080_22273889.jpg







この子は幼鳥だと思いました
コモンシギ(2)_a0052080_22284094.jpg







 コモンシギの続きです。
 遅ればせながらのコモンシギでしたが、良いこともありました。飛来当初は警戒心が強くて
あまり近づけなかったそうでした。私たちの行った日にはすっかり人慣れしていて、自分から
どんどん近づいてきました。最短距離では数メートルということもありました。
 飛んだり、羽をバタつかせるなどのパフォーマンスはありませんでしたが、ゆっくりと見る
ことが出来ました。
 10年ほど前に東名高速を東京に向かっているときに「静岡県にコモンシギ」の連絡が入り
ましたが、静岡通過後のことでそのまま三番瀬のヒメハマシギに向かいました。その後、気に
なっていた国内ではアンコモンなコモンシギにやっと出会うことが出来ました。(likebirds夫)


by likebirds | 2019-09-24 23:01 | 野鳥観察 | Comments(10)
アメリカウズラシギ
 コモンシギが飛んで行ってしまったのに、向かいの田んぼにはレンズを向けるカメラマンが居ました。
「こっちは、アメリカウズラシギがいるよ」と教えてもらい、コモンシギを待ちながら撮影することにしました。
この日は、畦に生い茂った草に隠れてしまうことが多く、なかなか近くには来てくれませんでしたが
思いがけずに、アメリカウズラシギも撮ることができて嬉しかったです。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください





草の根本からなかなか出てきません
アメリカウズラシギ_a0052080_18431637.jpg







田んぼの中程まで出てきました
アメリカウズラシギ_a0052080_18433552.jpg






草の向こうから
アメリカウズラシギ_a0052080_18432673.jpg







胸の縦斑と白い腹の境界がスパっと明瞭なのが特徴です
アメリカウズラシギ_a0052080_21293612.jpg







この頃には雨が止み始めてくれました
アメリカウズラシギ_a0052080_21414030.jpg








 コモンシギを待っているときにアメリカウズラシギを撮りました。ちょうど県道を挟んだ隣りの休耕田に
居ました。
 アメリカウズラシギも珍しいシギではありますが、未見のコモンシギがいつ飛来するか気になり過ぎて気も
そぞろでした。いつものことですが、もっとしっかり撮るべきだったと悔いが残りました。
 最初は畔に生えた草が垂れ下がった中にひっそりと隠れていましたが、しばらく待つとゆっくりと休耕田の
中程まで出て来てくれました。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-09-23 22:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
コモンシギ
 諦めかけていたコモンシギ。
見る事ができて本当に嬉しかったです。
やっと見つけたコモンシギが居る休耕田で待つこと2時間。
目の前に飛んできてくれたときは「やったー!」と言う気持ちと「よかったぁ~~」と言う安堵の気持ちとが湧き上がってきました。
朝からの雨もだんだんと止んで、嬉しい日でした。
(likebirds妻)






初見初撮りのコモンシギ!
コモンシギ_a0052080_20550960.jpg







後姿も美しいです
コモンシギ_a0052080_20572058.jpg






目の前の土の上に着てくれました
コモンシギ_a0052080_20565342.jpg







コモンシギ_a0052080_20582961.jpg






水中の虫をパクリ
コモンシギ_a0052080_21005467.jpg






草に居た虫も食べてました
コモンシギ_a0052080_20591194.jpg





 遅ればせながら栃木県に現れた珍鳥コモンシギを見に行ってきました。台風で居なくなってしまったと
聞いていましたが、その後また戻って来たそうです。
 聞いていた休耕田に到着してみると水が抜かれていて、居たのは枯草の中のムナグロだけでした。それ
からもう一つの休耕田を往復して探しましたが全く見つかりませんでした。小雨の畔に立って諦めかけ始
めた頃に、双眼鏡の先に人が数人立っているのが見えました。その中の一人がやはり双眼鏡を覗いていま
した。
 大急ぎでその場所へ行ってみると、たくさんのカメラマンが休耕田の淵に立ったり座ったりしていました。
コモンシギはちょうど今飛び去ったところだと聞いてガックリでした。じきにまた飛んでくると周囲の人た
ちに励まされて待つことにしました。
 だんだん痺れが切れてきたころに、突然コモンシギはlikebirds妻のすぐそばに飛んできました。自分は
カメラから離れていたので走って戻り、無事に初見初撮りを果たすことが出来ました。多くの人たちに混じ
り二人で夢中でシャッターを切りました。(likebirds夫)

タグ:
by likebirds | 2019-09-19 21:56 | 野鳥観察 | Comments(8)
ワライカモメ(3)
 時間が経ってしまいましたが、ワライカモメの続きです^^
堤防から飛び去ったワライカモメは、干潟が出来始めた海岸にやって来てくれました。
岸壁から見下ろす砂地で盛んに餌探し。
一緒に居たダイシャクシギとは微妙な緊張関係で、ちょっとはらはらさせられる場面も・・・
初見初撮りのワライカモメをたっぷり堪能して、14時頃には家路に着きました。
現地でお会いした皆様、お世話になりありがとうございました。
(likebirds妻)








写真をクリックして拡大画像をご覧ください







いつの間にか波打ち際に来てました
ワライカモメ(3)_a0052080_18224414.jpg







出来始めた干潟で採餌を始めましたが。。
ワライカモメ(3)_a0052080_21101918.jpg







すぐに飛んでしまいました
ワライカモメ(3)_a0052080_21112665.jpg







ワライカモメは飛んで浜から離れた洲に下りました
ワライカモメ(3)_a0052080_21151785.jpg






小さな蟹のようなものをパクリ
ワライカモメ(3)_a0052080_18230657.jpg






一緒に居たダイシャクシギに・・・
ワライカモメ(3)_a0052080_18232213.jpg






追いはらわれる場面も
ワライカモメ(3)_a0052080_18233831.jpg







シロチドリとワライカモメ
ワライカモメ(3)_a0052080_21190282.jpg







遠くて何を食べているのかわかりません
ワライカモメ(3)_a0052080_21201239.jpg







思い切って拡大写真を。。
ワライカモメ(3)_a0052080_21211456.jpg







また飛んだところでグッドバイしました
ワライカモメ(3)_a0052080_21214447.jpg






 しばらくブログを更新できませんでしたが、再開させていただきます。
 時間がだいぶ過ぎてしまいましたが、ワライカモメの続きです。小さな灯台のある突堤から飛び出した
ワライカモメは一旦は海に下りましたが、すぐに東へ飛んでいきました。潮が引き始めて顔を出し始めた
はずの干潟へ大急ぎで向かいました。この日私たちが最初に到着した場所です。
 出来始めた干潟に来てみると、居たのは2羽のソリハシシギでした。ちょっとだけソリハシシギを撮っ
てから、ふと見るといつの間にかワライカモメが飛んできていました。
 やっと干潟のワライカモメを見ることが出来ました。ただ干潟を覆う海水が極端に光ってうまく写真は
撮れませんでした。もう少し潮が引いてからと待っていると東へ飛んでしまいました。撮影機材を車に放
り込んでワライカモメを追いました。
 行く手には浜から少し離れたところにできた洲が広がっていました。ワライカモメはその洲の波打ち際
に下りました。ここはすっかり海水が引いて綺麗な砂浜になっていました。ここではダイシャクシギとの
面白い脅しあいもしたりして笑えました。小さな巻貝の散乱する場所でしきりに採餌もしていましたが、
何を食べていたのかはわかりませんでした。
 ここで1時間ほどワライカモメを見て楽しみましたが、再び東へ飛んだのを機に帰ることにしました。
 ダメもとで来た愛知県でしたが、大喜びで帰ることが出来ました。
 ところでワライカモメはまだ居るとの噂もありますね。気に入って毎年来てくれるようになったら最高
ですが。夏羽も見てみたいものです。(likebirds夫)



by likebirds | 2019-09-17 22:21 | 野鳥観察 | Comments(4)