まだいてくれました、コミミズク。
ベニマシコの帰りに、すぐそばだからと思い、以前コミミズクを見た場所へ寄ってみました。あれほど賑わったコミミポイントも日曜日だというのに人がほとんど居ません。辺りの田圃は耕耘機が入ったようで掘り返されていました。ススキやその他の雑草もきれいに刈られ広い田圃がさらに広く感じられました。枯れ野のイメージから春を待つ田園風景です。
ありがたいことにコミミズクはまだ居てくれました。
a0052080_21491967.jpg

a0052080_21493630.jpg

レンジャクにふられて残念でしたが、まあまあ充実したバードウォッチングの一日ではありました。(likebirds夫)
約1ヶ月ぶりのコミミちゃん。元気でいてくれてうれしかったです。田圃が耕されて、隠れるところが少なくなっているみたいでした。
来年もここで会えると良いな。
ここではいろいろな方にお世話になりました。ありがとうございました。(likebirds妻)
# by likebirds | 2006-03-10 22:07 | 野鳥観察 | Comments(8)
地面の上にはカシラダカ
ベニマシコのとまる木の下をみると一羽のカシラダカがさかんに地面をつついていました。木にとまっているときのようにベッカムヘアにはなってくれませんが久しぶりなのでじっくり観察させてもらいました。例年カシラダカは個体数が多く群をなしていることが普通なのですが今冬はやっぱり異常なのでしょう。
a0052080_21404516.jpg

a0052080_21405861.jpg

今期冬鳥が全般的に少ないのは日本海側の豪雪や太平洋側の厳冬などが言われています。各地で珍鳥情報が氾濫しているのはこのためでしょう。
今冬は異常寒気の印象が強いですが、昨年11月までは平年よりかなり暖かかったです。気象庁も暖冬予想をしていました。そのため太平洋側の山間部や林間部では鳥の餌が比較的多かったのではないでしょうか。ヒヨドリなどにあっというまに食べ尽くされるピラカンサなどはあちこちでずいぶん長く残っていました。我が家の庭の柿なども12月中にすべて食べられていたのですが、今冬は年が明けてもかなり長く残っていました。都市公園での冬鳥の不作は山に餌が多かったからかも知れません。
じつは上の話はほとんど受け売りです。以前ミヤマホウジロ待ちをしているときにご一緒した老夫婦がしてくれた話です。ベテランの観察力と洞察力に深く感銘しました。(likebirds夫)
# by likebirds | 2006-03-09 22:15 | 野鳥観察 | Comments(4)
ヤナギの芽を食べるベニマシコ
レンジャクが空振りに終わり、これでは帰れないと場所を移動しました。
着いてみるとレンジャクにふられた人達が多数来ていました。その中に混じって待っているとすぐベニマシコ5~6羽が現れました。ヤナギの木にとまり吹き出し始めた新芽を夢中で食べていました。写真に撮ろうとすると枝が邪魔になりますが、バードウォッチングする分には常に出続けてくれるので楽しめました。首を伸ばしヤナギの芽をくわえると首をひねるようにして引きちぎる動作を繰り返すのをたっぷり堪能させてもらいました。
昨年暮れにオスを「梅干し色のベニマシコ」と書きましたが、今回はもっと紅色を強めワインレッドの様な印象でした。一番紅くなった頃がきっとお別れなのでしょう。メスは変わりませんが、相変わらず可愛い顔をしています。
a0052080_22503956.jpg

a0052080_235859.jpg

a0052080_2310585.jpg

a0052080_23155865.jpg

昼頃には気温も上がり、着ていた防寒着が暑く感じられるほどでした。ウメの木もたくさんあり、その芽も食べに来るかと思いましたが、見ている内には来ませんでした。ヤナギの芽の方が美味しいのでしょう。少し意外でした。(likebirds夫)
# by likebirds | 2006-03-08 23:24 | 野鳥観察 | Comments(4)
コゲラとツグミ
レンジャクを待っていると、その場所を離れられません。そのレンジャクにふられるとバードウォッチングは悲惨な様相を呈してきます。ポイント待ちスタイルの弱点ですね。そうなってくるとカメラの露出確認のコゲラやツグミも貴重な写真になります。(コゲラ君、ツグミ君、失礼しました)
後ろ側の芦原にはオオタカも出ましたが見るだけにしました。(likebirds夫)
a0052080_2372767.jpg

a0052080_2374169.jpg

ツグミは写真のように両翼をダラッと下げているのをよく見かけます。シロハラもよくそうしていますね。リラックスしているのだろうと想像しています。(likebirds夫)
ここに着いた時、ウグイスが「ホーホケキョ」と鳴いて出迎えてくれました。とても寒かったけど
「春だなー」と思いました。今期初めて聞きました。(likebirds妻)
# by likebirds | 2006-03-07 23:22 | 野鳥観察 | Comments(10)
ヤドリギに来たメジロ・レンジャク空振り
本日は待ちに待った日曜日。前日早く寝て埼玉方面へレンジャクを見に行きました。友人ご夫妻から電話でこの2日間出ていないので可能性が低いと忠告を受けていましたが、週一バーダーとしては我慢し切れず見切り発車しました。
早朝、やや寒いものの風もなく絶好の鳥見日和。所々新芽を吹いている枝も散見される林をポイントに向かって歩きました。着くともうカメラマンが10人ほど並んでいました。眼前のヤドリギは豊作のようで、レンジャクを待っているようでした。
しかし午前10時30分まで待ちましたがレンジャクは出ませんでした。じれたカメラマンの中にはカケスをレンジャクと間違え「出ましたよ!」と知らせる人まででました。気持ちは分かります。
ヤドリギが時々動き、小さな鳥が来ているようなので双眼鏡で覗くとメジロでした。未練を残しながら引き上げました。(likebirds夫)
a0052080_225399.jpg

わずかな、期待を胸に行きましたが、やっぱり現れてくれませんでした。
ヤドリギと同じきれいなグリーンのメジロが、一生懸命実を食べていました。(likebirds妻)
# by likebirds | 2006-03-05 22:29 | 野鳥観察 | Comments(13)
庭に来るヒヨドリ・ひな祭り
ヒヨドリはバーダーからは比較的邪険に扱われているようです。何処にでもいるからでしょうか。庭に来るヒヨドリを写真に撮っている頃は我が夫婦のバードウォッチングはのどかなものでした。散歩がてらに普通種を双眼鏡で見たりしながら歓んでいました。
最近はけっこう大変です。あっちにあれが出てる、こっちにこれが出てるで気の休まる時がありません。本日はひな祭りですね。(likebirds夫)
a0052080_22521595.jpg

今日はひな祭り。毎年恒例のちらし寿司と蛤の吸い物でお祝いです。今日は特に、いつも仕事が忙しい息子が夕飯をいっしょに食べたので、ちょっと張り切って作りました。「私のお節句なのに!」と娘に怒られそうです。
4日には必ず片づけますので、写真を1枚。来年またね。お雛様。(likebirds妻)
a0052080_2254058.jpg

# by likebirds | 2006-03-03 23:16 | 野鳥観察 | Comments(4)
ミノムシを襲うシジュウカラ
ほぼ2年前、昼休みに川沿いを散歩していると、シジュウカラがミノムシを襲っているところに出くわしました。普段はかわいいシジュウカラですがこのときは相当どう猛な印象を受けました。足で押さえながらクチバシで激しくミノムシのミノを引き裂こうとしていました。激しい場面は当時デジスコのBBSに「ミノムシ君あやうし」の題で投稿しました。今回は少しおとなしめで。(likebirds夫)
a0052080_2263788.jpg

# by likebirds | 2006-03-02 22:16 | 野鳥観察 | Comments(3)