人気ブログランキング |
タグ:エゾムシクイ ( 2 ) タグの人気記事
エゾムシクイ
 この日は雲ひとつ無い快晴で、葉の茂った木立に囲まれた道は
涼しい日陰でとても気持ちが良かったです。
 透き通るような甲高いエゾムシクイの鳴き声は、ハイキングコースではずっと聞こえていました。
でも見上げても姿はほとんど見つけられません。
ほんの一瞬ですが、可愛い姿を見ることが出来てよかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください





ヒッツキーーの声でエゾムシクイとわかりました
a0052080_23071790.jpg








   開き切った葉の下で鳴いてくれました   
a0052080_23073039.jpg








   暗い森の外は真っ青な空です   
a0052080_23074747.jpg




 サッカーW杯ロシア大会で日本は決勝リーグに進むことが出来ましたね。ポーランド戦の戦い方には賛否両論ある
と思いますが、開幕前の予想のように3戦とも黒星で帰って来るよりはよっぽど良いです。ベルギー戦に楽しみが
繋がりますから。 

 奥日光のハイキングコースで最初からずっと鳴いていたエゾムシクイです。ムシクイの識別もからっきしなのですが、
種によって鳴き方が全く違うので助かります。
 そう言えば、カッコウ、ホトトギス、ツツドリなども姿はよく似ていますが、囀りは全然違いますね。彼らも自分たちで
間違えないように必死で自分を主張しているのかもしれませんね。
 そう考えるとこの日も樹上のエゾムシクイは「おれはエゾムシクイだぞーーー!」と鳴いているようにも聞こえますね。
いや、やはり少し無理がありますね。(likebirds夫)

by likebirds | 2018-06-29 23:20 | 野鳥観察 | Comments(8)
マミジロ、エゾムシクイ
 標高1585mの涼しい場所へコマドリを見にいきました。朝8時に到着するとコマドリ劇場は既に閉幕していました。満足げに引揚げる人を見送りながら、あっという間に時間が経過し日も傾きだして多少気落ちしながら自分等も駐車場へ向かう坂道を下りました。
 とぼとぼ歩くと前方に急な斜面に向かって用足しをしている人がいました。ちょうどその人の頭の上辺りの斜面に枯葉を掘っくり返す鳥が見えました。その人の用が済むのを待ち「アカハラかな?」と思い近づくと腹に赤茶の斑が見えました。急いで妻に「クロツグミの雌がいるよ!」と告げると、妻も落ち葉がハラハラと落ちてくる辺りの上を探し始めました。
 少しして「マミジロの雄じゃない?」と妻が言いました。私もその頃には腹の模様からマミジロだと気づきましたが、どう考えても赤茶色の雌です。「なに言ってるんだ、雌だよ」というと妻は雄だと言い張りました。雌が視界から消えてはじめて私はマミジロの雄の存在に気がつきました。私が雌を見ているときに妻は雄を見ていたのでした。お互いに「何て変なことを言うのだろう」と思っていましたが、謎が解けて大笑いになりました。この日の鬱憤を晴らすべく雄にも雌にも猛烈にシャッターを切りました。
 この日はエゾムシクイも高ーい枝先で盛んに鳴いていました。ひどい写真ですが初撮りなのでUPします。何度も所謂「ヒーツーキーー」の良く響く囀りを確認したので間違いないと思います。

likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌 特徴の白い眉斑が弱いので最初クロツグミ雌と間違えちゃいました
a0052080_19535054.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌
a0052080_1954617.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌
a0052080_1954167.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄  クチバシで落ち葉をひっくり返しています
a0052080_2065687.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄  木の実を見つけて枝ごと咥えていました
a0052080_207983.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄
a0052080_2072459.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ  耳に心地よく盛んに囀りました
a0052080_20305060.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ
a0052080_2031086.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ
a0052080_20311215.jpg


夫がクロツグミの雌と教えてくれたので、薄暗い斜面の鳥にカメラを向けました。
でも後姿のその鳥は真っ黒・・「これってクロツグミの雄じゃない?」と最初は思いましたが、振り向いた顔に真っ白な眉毛がありました。
「マミジロじゃない!」と夫に言うと「雌だろう?」と言うのです。「うそ雄でしょ!」・・・
話がかみ合いません、でも直ぐに近くに居るマミジロの雌に気がつきました・。
お互いに雌と雄を別々に見てることがわかって、可笑しくなりました^^。
マミジロは夢中で落ち葉をひっくり返しながら斜面の奥へと居なくなりました。
思いがけなくマミジロを見ることができて疲れが吹き飛びました。
エゾムシクイは高い枝で囀ってばかり、上向きが不向きな私の雲台ではカメラを向けることが出来ませんでした・・・超負け惜しみ(笑) (likebirds妻)
by likebirds | 2011-05-09 20:56 | 野鳥観察 | Comments(4)