人気ブログランキング |
タグ:カワリシロハラミズナギドリ ( 1 ) タグの人気記事
カワリシロハラミズナギドリ 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(20)さよなら小笠原
 いよいよ小笠原滞在最終日、 母島沖港を12時に出航しました。
くじらのぼりを振っての見送りに見えなくなるまで手を振りました。
14時に父島到着、お土産などを買って15時半に二見港を出航です。
大勢の見送りに、小笠原丸のデッキからは、鈴なりの人たちが手を振って別れを惜しみました。
そして小笠原丸と並走して沢山の船が追いかけてきます。
「いってらっしゃい、ありがとう!」と船から飛び込んで見送ってくれました。
(likebirds妻)






写真をクリックして拡大画像をご覧ください






母島沖港、くじらのぼりで見送り
a0052080_22342716.jpg






父島二見港、大勢の島の人たちが見送ってくれました
a0052080_22351887.jpg






二見港から沢山の船で見送ってくれます。見送りの言葉は「いってらっしゃい!ありがとう!」
a0052080_22353332.jpg






いってらっしゃい ありがとう、







小笠原旅行報告 最後の鳥はカワリシロハラミズナギドリ(白色型)です






 9月8日から13日までの小笠原旅行の報告はこれでやっと終わりです。だらだらと続けてきましたが、もう2ヶ月以上も
経ってしまったのでキーボードの前に座ってもあまり良く覚えていません。とにかく終わらせなければ切りがないという気持
ちでキーを叩いています。
 小笠原旅行の最後を飾る海鳥との出会いはカワリシロハラミズナギドリ淡色型でした。出会いと言ってもほんの数秒で、見
た撮ったというだけで観察したとはとても言えません。
 父島を出港した翌日のことです。楽しかった小笠原旅行の最終日です。
 ファインダーを覗いていると頭部の白い海鳥が飛んでいて「あんたは誰?」と思ったとたん、ガイドさんの声色が変わり大
声で「カワリシロハラミズナギドリ~!淡色型!」がイヤホンから聞こえてきました。この声が終わる頃には船首に隠れてし
まいました。残念ながら腹側は見ることが出来ませんでした。そのあとはガイドさんの興奮した「すげーすげー!」が聞こえ
てきました。
 この旅行の前に見ておいた「海鳥識別ハンドブック」にはカワリシロハラミズナギドリは「日本近海では暗色型の観察例が
多い」と書いてありました。暗色型はシロハラというくせに腹は白くないなくらいの記憶でした。
 まさかカワリシロハラミズナギドリの淡色型を見ることが出来るとは思いませんでした。震える手でカメラのモニタを確認
すると、おお!連写で写っていました。早速、手帳ををズボンのポケットから取り出して、9月13日のページに7時20分
カワリシロハラミズナギドリ(淡色型)と大きな文字で書き込みました。
 見たのはほんの一瞬だけです。チラッと見えたというほうが正確かもしれません。でも証拠写真も撮りましたからね。翼上
面が黒褐色で初列風切りの羽軸が白いのもちゃんと写っています。likebirds妻が動画をUPすると言うので、対抗して自分も
無理やり動画仕立てにしてみました。
 カワリシロハラミズナギドリを見たことがあるし、写真も撮ったとブログでしっかり書かせていただきます。
(likebirds夫)


More 小笠原 硫黄島3島クルーズとメグロの島・母島 鳥見録
by likebirds | 2017-11-24 05:00 | 小笠原諸島・航路 | Comments(8)