タグ:キマユムシクイ ( 2 ) タグの人気記事
キマユムシクイ
 9年前、私は姿を見ただけだったキマユムシクイ。
聞きしに勝る強烈な逆光で、その姿を見つけるのは本当に大変でしたが、
やっと、写真に撮ることができました。
なんかほっとしました。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください





現地到着後、1時間以上待ってやっとキマユムシクイの出現です
a0052080_11055838.jpg







頭央線 不明瞭ですが前頭では細く後頭に向かって広がっていました
a0052080_11075998.jpg







「虫喰い」ですが 柿も喰い
a0052080_11173708.jpg






やっとやっとの写真の連続ですが。。それにしてもチッチャイです
a0052080_11251819.jpg






豆柿の実と大して変りません
a0052080_22051318.jpg






カラフトムシクイの下尾筒は明るい黄色でしたが、キマユムシクイはう~ん ダークオリーブかな???
a0052080_11275164.jpg







こんなところに居るとムシクイっぽいですね  白眉の黄眉虫喰いさんでした
a0052080_11315751.jpg



 多摩地区に出ているキマユムシクイを見に行ってきました。9年前の春に葛西臨海公園へ見に行ったことがありましたが
素早い動きにまったく付いて行けず、酷い証拠写真に終わった苦い記憶があります。 手強いとは聞いていましたが、今回も
夫婦そろって無残な結果に終わりました。
 午前8時半から午後4時まで同じ場所に立って、ずっと柿の木を見つめていたのであまり疲れませんでしたが身体には悪そ
うな気がしました。
 キマユムシクイが出てきたのは朝の陽が周囲を反射光で満たす10時前の15分ほどだけでした。最初に出たときには、眩
しくてよくわからぬままシャッターを切りましたが、ぼんやり鳥とわかる程度の写りでした。
 歳のせいかどうかはわかりませんが、夫婦ともに眩しいのにすっかり弱くなってきています。飛び方や動きでメジロでない
ことは判断出来ましたが、肉眼でキマユムシクイを識別することは全くできませんでした。
 15分ほどの間に3回ほど柿の木に来ましたが、写真の腕は9年前から進歩していないことを思い知らされました。光の柔
らかくなる夕方まで粘りましたが、午前10時以降は音沙汰なしでした。
 帰ってから良い写真が無くて気落ちしながら整理をしていると、横でlikebirds妻が「♪ま~ぶ~しさにまけた~♪」と鼻歌
を歌っていたので耐えきれずに笑ってしまいました。(likebirds夫)

by likebirds | 2018-01-15 17:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
キマユムシクイ、アオジ
 キマユムシクイ、前回は声も聞こえずに振られました。
再挑戦でやっ見ることができました。「ちゅーい、ちゅーい」と言う甲高い鳴き声もたくさん聞くことが出来ました。
でも、動きがすばやくて、姿を追うのが精一杯。
何とかその姿を撮ることができて、本当に良かったです。
キマユムシクイと同じ桜の木では、アオジがせっせと桜の蜜を吸っていました。
黄色がとても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  キマユムシクイ
a0052080_2013269.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0   キマユムシクイ
a0052080_2035142.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  桜の蜜を吸うアオジ
a0052080_20485.jpg


 キマユムシクイには苦戦しました。笑。地元も方から早朝しか良い所には出てこないとアドバイスをいただいていましたが、すぐそばのツリスガラに時間を取られ到着が遅れました。(結局ツリスガラも抜けた後でした)
 キマユムシクイは木から木へ飛び回るのですが、枝の中ばかりで姿を現しません。さらに動きが素早くて運動神経がついていきませんでした。手持ち用の400mmを車中に置いてきたのが悔やまれました。肉眼でもほとんど見ることは出来ませんでした。
 せっかく撮ったものを贅沢は言えません。他の方の写真を羨むのみです。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-04-15 20:51 | 野鳥観察 | Comments(18)