タグ:ハイイロチュウヒ ( 22 ) タグの人気記事
コミミズク
 コミミズクはこの日も元気に飛び回ってくれました。
日が落ち夜の帳があたりを覆うと、白っぽいコミミズクがフワフワと飛ぶ姿がとても幻想的に見えました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


日没直前コミミズクも景色も金色に染まりました
a0052080_16553604.jpg






まるで違った風景に見えます
a0052080_16554711.jpg






日が落ちると急に薄暗くなり
a0052080_16565034.jpg






ぽつぽつと外灯も灯り始めました
a0052080_16562456.jpg






もう撮影は限界です
a0052080_17051172.jpg






このショットで最後に! さぁ帰ろう!
a0052080_20501500.jpg






と思って、片付け始めたらハイイロチュウヒのメスが   遅すぎですヨ
a0052080_17064848.jpg
 

 甘田干拓のコミミズクです。
 夕方になって帰る前にコミミズクを見ることにしました。見始めたときには充分明るかったのです
が、暗くなり始めると急にどんどん日が暮れていきます。
 干拓地の対面にある民家の窓に灯がともる頃、カメラマンたちは帰っていきました。ふと見ると私
たちの他には1人しか居なくなりました。その人も帰り支度が済んでいて運転席に乗り込んであっと
いう間に居なくなりました。
 さあ大変だ。自分たちも帰ろうと慌てて撮影機材を片づけて帰りました。
 帰ってから写真を確認すると前回と似たような写真ばかりでしたが、夕日で赤く染まったコミミズク
や日没寸前の写真があったのは収穫でした。(likebirds夫)

下欄↓[More]にハイイロチュウヒ♂♀の写真をUPしました。画質は酷いです。


More ハイイロチュウヒ 大きいメスと小さいオス
by likebirds | 2018-02-17 17:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
ハイイロチュウヒ♂
  久しぶりにハイイロチュウヒが飛ぶのを沢山見ることができました。
美しいブルーグレーの翼、凛々しい目。
まさに葦原の貴公子だと思います。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください



背中に褐色味があり、若い個体とのことです
a0052080_20131447.jpg







正面顔です  クチバシは小さくお上品なおちょぼ口で武器にはなりませんね
a0052080_20025082.jpg






ときどき上目使いで上空を気にするようです
a0052080_20082860.jpg







枯草の中を飛びますが、草には触れません
a0052080_20101327.jpg







まったく羽ばたくことなく滑空で草間をすり抜けます
a0052080_20193816.jpg






手前は草丈が短く、後方は草丈が長いです  その縁に沿って低く這うように飛びます
a0052080_20163666.jpg







草丈の短い筋をチェックするように。。
a0052080_20281911.jpg






地面に皴のような窪みがあり水が溜まっています  何回も往復してチェックしていました
a0052080_20224591.jpg






突然急旋回してアタックします
a0052080_20241381.jpg






ネズミを捕まえましたが痛恨のピンボケ!
a0052080_20310932.jpg






いきなり横からカラスが! 普通にビックリ(@_@)します 可愛いところもありますね
a0052080_20350688.jpg



 稲敷の干拓地でのハイイロチュウヒの追加写真です。ピンボケ写真を含めて夫婦で膨大な写真を撮りましたので、前回でお
終いでは未練が残るのでちょっと蛇足ですが。(likebirds夫)
 

by likebirds | 2018-02-09 17:00 | 野鳥観察 | Comments(4)
ハイイロチュウヒ♂
 この日はとても寒い日でした。
冷たい風も吹いていましたが、それでも陽炎は立ちました。
ハイイロチュウヒは断続的に葦原を飛び回ってくれて、美しい姿を沢山見ることができました。
大雪の前の日から一週間姿が無く、この日からまた姿を見せてくれたそうです。
ラッキーでした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください




10時頃、干拓地に三脚を置きました  すぐにハイイロチュウヒ♂が。。
a0052080_18434121.jpg







曇りなのに少しでも距離があると陽炎で壮大に写真が揺れます  
a0052080_18444212.jpg







ですから撮るのは近くを飛ぶ時だけです
a0052080_18464418.jpg







でも簡単には近くを飛んでくれません
a0052080_18510314.jpg







翼の上反角を保ち(V字飛行)で驚くほど低速で飛びます
a0052080_22295075.jpg








下面を見せているときは白い鳥に見えます
a0052080_18543149.jpg







この目が何とも言えませんね
a0052080_22270655.jpg







クールなイケメンを気取っていますがカラスは苦手です
a0052080_22381863.jpg






だんだん近くに・・・どきどきします
a0052080_21121207.jpg






葦原の地面に目を凝らしているようです
a0052080_21115512.jpg




 早朝はレンコン畑を廻りシギやチドリを探しましたがほとんど成果がありませんでした。ハイイロチュウヒの狩場である干
拓地のそばまで来たので、ちょっと覗いてみることにしました。午前9時少し前のことです。
 カメラマンご夫妻(知り合いでした)に様子を伺うと7時半からハイイロチュウヒが頻繁に飛んでいるとのことでした。
で、結局私たちもそのまま居座ることになりました。
 天気は薄曇りでしたが、朝から盛大に陽炎が出ていて撮った写真をモニタで確認するとメラメラです。鳥との距離があると
その分余計に陽炎を拾ってしまい、双眼鏡の中でハイイロチュウヒが温泉に入っているように揺れていました。
 ハイイロチュウヒが遠くにいるうちはカメラのファインダーで追うだけにして、撮るのは近くに寄って来た時だけです。でも
それは撮り捲り症候群の自分にはかなりのストレスで、ついちょっとくらい遠くてもシャッターを切ってしまいます。他所の
カメラマンさんに「近くに来るまで我慢しなけりゃダメだよ。家に帰ってからがっかりするぞ。」と言われました。考えてみ
ればその通りです。大量の没写真を一枚一枚消去するのは心身ともに消耗度が高いです。
 風が吹いて陽炎を吹き飛ばして欲しいものですが、そうなるとコミミズクが出にくくなるのでそう願う訳にもいきません。
 (likebirds夫)

by likebirds | 2018-02-07 17:00 | 野鳥観察 | Comments(2)
ハイイロチュウヒ♂♀の塒入り
予約投稿です



 干拓地から塒入りを見るために移動しました。
晩秋の日はどんどんと傾きます。
幸いハイイロチュウは、辺りにまだ明るさが残るうちにやって来てくれました。
コチョウゲンボウの雄がハイイロチュウヒを追い抜く場面も見ることができて、嬉しかったです。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください





塒のポイントでチュウヒを見ました
a0052080_17415145.jpg






芦原を確認するように飛び回り、落下するように塒へ下ります
a0052080_17430750.jpg






午後4時直後  人が騒ぐので振り向くとハイイロチュウヒのオスが。。
a0052080_18183259.jpg







主役の登場でした  良い顔をしています
a0052080_18183361.jpg






葦原を旋回します
a0052080_22161009.jpg






こちらを見ているような?
a0052080_22163095.jpg







後からコチョウゲンボウのオスが追いかけて・・・
a0052080_22165261.jpg






綺麗な青い背中を見せてコチョウゲンボウが追い抜きました。凄いスピード
a0052080_22170278.jpg






背中を見せて芦原を飛び回るハイイロチュウヒのオス
a0052080_18235750.jpg






このままオスは塒入り
a0052080_10183141.jpg






ハイイロチュウヒのオスが塒入りをした後に、今度はメスの登場です
a0052080_20283270.jpg







雌も芦原を確認するように飛び回ります
a0052080_20283289.jpg







雌も精悍で良い顔をしています
a0052080_20303634.jpg






塒の場所を入念に確認して。。
a0052080_10211264.jpg






メスの塒入りです
a0052080_20314339.jpg



 苫小牧航路のツアーに参加するために大洗港へ向かう途中で稲敷に立ち寄りました。
狩場でチュウヒやハイイロチュウヒを見た後は塒入りの場所へ移動して三脚を立てました。塒入りのためにやって来る鳥を待
っているときの緊張感が何とも言えません。どっちからやって来るのか、いきなり塒に飛び込むんじゃないか、上手く撮れる
か、とか期待と不案が入り混じります。
 ずいぶん遅くなってから大陸型のチュウヒも姿を見せましたが暗すぎて写真になりませんでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-11-30 05:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
昼間の チュウヒ と ハイイロチュウヒ
予約投稿です



 シギチ探ししながら、干拓地へと行ってみました。
低い草や笹に覆われた干拓地では、狩をするチュウヒやハイイロチュウヒを見ることができました。
晴天で、めらめらする陽炎に悩まされましたが、ハイイロチュウヒは本当にかっこよかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



干拓地へ行ってみるとチュウヒが高いところを飛んでいました
a0052080_11371387.jpg






ハイイロチュウヒも出て来てチュウヒを追いかけました
a0052080_11391679.jpg







狩りを期待したのに喧嘩が始まっちゃいました  電線付近まで酷い陽炎です
a0052080_11442794.jpg







攻めるハイイロチュウヒ  逃げるチュウヒ
a0052080_11484017.jpg







陽炎がゆらゆらしてピントが合う気がしません
a0052080_11510113.jpg







上空でも空中戦。。
a0052080_11553108.jpg







チュウヒを追いかけます
a0052080_21520929.jpg







空中戦を終えて悠々と飛んできました
a0052080_21532169.jpg






空中戦が終わるとカラスを追いかけ・・・
a0052080_22025673.jpg






チュウヒやカラスが居なくなると、ハイイロチュウヒはやっと下を見て獲物を探します
a0052080_11563619.jpg






低い笹薮の境界に沿って飛ぶハイイロチュウヒ
a0052080_11583221.jpg



 干拓地でチュウヒ飛んで来たのを見ていたら、ハイイロチュウヒのオスが現れました。昼間の狩りが見られると期待しまし
たが、広い干拓地で始まったのは縄張り争いでした。
 カメラを構えて2羽を追いましたが、民家の2階のテレビアンテナまで陽炎が出ていて写真になりませんでした。チュウヒ
が去った後でハイイロチュウヒの狩りが始まりましたが、やはりボケボケでお手上げでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-11-28 05:00 | 野鳥観察
ハイイロチュウヒ♂
 ハイイロチュウヒが狩をする草地に行ってきました。
遠くに雪山が見え、澄み渡る青空のもと、ハイイロチュウヒのオスが何度か飛んでくれました。
ハイイロチュウヒのオスは何度見ても本当に美しいです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




朝7時5分。「あっ!飛んでる」の声で慌てて撮りました
a0052080_14345737.jpg







すぐに藪に入ってしまいましたが、待っていたら7時9分にまた飛び出しました  ほぼピクセル等倍です
a0052080_14420472.jpg






獲物を探しているのか、地上すれすれを飛びます
a0052080_14384003.jpg







旋回して反対方向へ
a0052080_14441824.jpg







ススキの穂に隠れたり出たりして飛びます
a0052080_14460858.jpg







すでに陽炎が出ています
a0052080_17220080.jpg







旋回を繰り返しながら徐々に上空へ
a0052080_14520449.jpg






電線よりも高く飛んで山並みが背景になりました
a0052080_14011790.jpg






少し低く旋回
a0052080_14172887.jpg







鋭い正面顔
a0052080_14014632.jpg







a0052080_14032861.jpg







a0052080_14035492.jpg







雪山が背景に
a0052080_14550899.jpg







ハイイロチュウヒ独特の目付きです
a0052080_14561648.jpg

 


 道東旅行の写真をUPしていましたが、ここでちょっと一休みして先日行った群馬県の写真を掲載させていただきます。
 群馬県までハイイロチュウヒを見に行きました。 早朝6時過ぎに現地に到着しましたが、すでに先着の車が何台も並んで
いました。 自分たちも慌てて撮影機材の準備をして他のカメラマンの横に並びました。
 現地は2~3年前にも来たことがある何かの建設予定地でした。 そのときには藪が高く茂っていて猛禽の姿が見えずに
何も撮影できずに帰って来たのですが、今回行ってみると草刈りが行われた後に低く草が生えていて如何にもハイイロチュウ
ヒの狩場のようでした。
 今か今かと待っていましたが、ハイイロチュウヒは姿を現しません。 ちょうど緊張が切れた頃に他所見をしていたら、
「あっ!飛んでる飛んでる!」の声がしました。 一瞬迷った後白い浮遊物を目当てに慌てて撮りましたが、距離が遠くて
がっかりです。 
 ハイイロチュウヒのオスは直ぐに藪に下りてしまって見えなくなりました。 横のカメラマンが「狩りに成功していなければ
直ぐに飛ぶよ。」と話しているのを聞いて待っていると4~5分後にまた飛び出しました。
 距離があったので超トリミングでほぼピクセル等倍です。
 その後は9時過ぎにまた現れて今度は幾分近くを飛びましたが、陽炎が酷く撮影は苦労しました。その写真は後日掲載します。
(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-16 12:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
ハイイロチュウヒ 3
 餌場のハイイロチュウヒはずっと周辺を飛んでくれました。
とても長い間、ハイイロチュウヒを見ることができて本当に嬉しかったです。(likebirds妻)



写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます



突然、急降下して畦に下りましたが、すぐに飛び立ちました
a0052080_21170825.jpg






土手の斜面の下の縁で小鳥の補則に失敗   黄色い足が目立ちます
a0052080_21061662.jpg







そのまま土手の斜面を滑空します
a0052080_08163815.jpg







身を翻してこちらを向きました
a0052080_08165611.jpg






羽ばたかずに徐々に斜面を登ります
a0052080_21565726.jpg






土手の上に出ました
a0052080_21153834.jpg







期せずして緑の背景で撮れました
a0052080_21153806.jpg


 最近の寒さであまり鳥見をしていませんでした。UPすべき写真がありません。一方、既載済みのハイイロチュウヒの写真は佃煮が出来るほどありますので、しつこいのですが「その3」ということでUPします。
 この場所でのハイイロチュウヒの狩りは言わば不意打ち方式で、地上すれすれや畦に沿って低く飛び、突然小鳥の中へ飛び込むというもののように見えました。ハイイロチュウヒが近づくと小鳥たちは驚いてパッと四方へ飛び上がるのですが、その瞬間を何回も狙いましたが撮れませんでした。小鳥がいつ飛び上がるかわからず、飛び上がった瞬間にシャッターを切るのですが、そのときでは遅く小鳥は写りませんでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-02-16 19:58 | 野鳥観察 | Comments(14)
ハイイロチュウヒ 2
  ハイイロチュウヒは時々畦に降りてじっとしていたかと思うと、急に飛んで田んぼをふわふわと飛び回りました。
遠くに見えたのに、あっという間にこちらに飛んでくるので、緊張の連続でしたが、
美しい姿をファインダーで追うのはドキドキワクワクして、本当に楽しい時間でした。(likebirds妻)



写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


長く地上に居たハイイロチュウヒですが余所見をしている間に飛んでいました
a0052080_21585322.jpg







ハイイロチュウヒは伸びきった二番穂の縁を飛びます
a0052080_21132754.jpg







とてもゆっくりと目の前を通り過ぎます
a0052080_21095249.jpg






落下しないぎりぎりの低速飛行に見えました
a0052080_21583014.jpg







こちらを幾分意識しているように迂回して飛びました
a0052080_21123059.jpg







ときどき獲物を見つけたように舞い降りる素振りを見せます
a0052080_21574096.jpg







逃げられました  なかなか狩りも楽じゃなさそうです
a0052080_21140304.jpg

 先日UPした地上に下りたハイイロチュウヒの続きです。
 狩場でのハイイロチュウヒはとてもゆっくりと滑空していました。狩りの作戦なのか、ハイイロチュウヒは畦の沿ってすれ
すれを飛んだり、伸びた二番穂の縁を飛ぶので、こちらからは見えたり隠れたりしました。そして、突然くるりと旋回したり
するので、スピードがのろい割にはファインダーで追いかけるのは苦労しました。
 獲物から見えないように出来るだけ低く飛び、突然身を翻して不意打ちを仕掛ける作戦のように見えましたが、そう簡単で
はないようでした。 (likebirds夫)

by likebirds | 2016-02-10 11:09 | 野鳥観察 | Comments(10)
ハイイロチュウヒ♂
ハイイロチュウヒは今季初でしたので、嬉しい出会いでした。
とても広い田園地帯で、ハイイロチュウヒは低く飛びながら餌を探しているようでした。
白い姿がひらひらしながら、少しづつこちらに飛んできましたが、
すとんと畦の手前に降りてやすみはじめました。
すぐに飛び出すかと思ったら、ゆっくりと休んでくれたので、しっかりとその姿を見ることができました。
まずは久しぶりに撮れた止まり物からアップします。(likebirds妻)



写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます



遠くの畦の手前ににハイイロチュウヒ♂が下りました
a0052080_07544581.jpg







a0052080_21560022.jpg








a0052080_21562410.jpg



 時間がだいぶたってしまいましたが、カモメウォッチングの帰りに見たハイイロチュウヒの写真をUPします。田園地帯を車で走っていると数人のカメラマンが三脚を立てているのが見えたので止まって仲間に入れてもらいました。双眼鏡を覗くと
はるか遠くにハイイロチュウヒの雄が地上近くを見え隠れしながら飛んでいるのが見えました。ハイイロチュウヒは畦の向こう側に下りてしばらく見えなくなったり、また飛んで地上すれすれを旋回したりしながら少しづつ近づいて来て、こちらから全身が見える位置に止まりました。それでもまだまだ遠かったです。地上のハイイロチュウヒの写真を撮りながら飛び出して近づいてきてくれることを願いました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-02-01 16:54 | 野鳥観察 | Comments(10)
ハイイロチュウヒ (♂)
 オオモズを待っていると前方の葦原をハイイロチュウヒの雄が飛んできました。
白く美しい姿が低く高く葦原の上を飛んできます。
一気にテンションが上がりました。
ハイイロチュウヒのオスは何度見ても美しくて素敵です。(likebirds妻)


a0052080_23022373.jpg







a0052080_23022411.jpg





高く飛んで
a0052080_09530452.jpg




前方を見る鋭い眼、素敵です
a0052080_09533094.jpg






a0052080_21125530.jpg

 遊水地のハイイロチュウヒのメスに続いて今度はオスをアップしました。オスは大人気で出現と同時に鳥待ちのカメラマン達のテンションが一気にあがりました。まだ撮影には距離が遠いと思って眺めていると、大きなレンズがハイイロチュウヒの揺れ飛ぶのに合わせて一斉に左右に揺れます。「ハイチュウ!ハイチュウ!」と連呼する人や「ようし こっちへ来い!」「いいぞいいぞ」などの掛け声を出す人も居てなかなかにぎやかでした。ハイイロチュウヒが去った後、画像を確認する顔は夫々悲喜こもごもと言ったところでしょうか。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-01-26 06:00 | 野鳥観察 | Comments(4)