人気ブログランキング |
タグ:ハシナガウグイス ( 1 ) タグの人気記事
ハシナガウグイス 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(15)母島
 2年前に行った小笠原弾丸ツァーの時に、声だけしか聞くことが出来なかったハシナガウグイス、
今回は是非見てみたいと思っていました。
何とか、写真に収めることが出来てとても嬉しかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




草薮から一瞬出てきたところを、運よく細くて長いクチバシが撮れました
a0052080_21484068.jpg






翌朝、乳房山登山道でもハシナガウグイスに出会いました
a0052080_21222500.jpg







明らかにクチバシが長いように見えますがどうでしょう?
a0052080_21222640.jpg







囀りは「ヒーーーーチョッチョリ、チョッチョリ!」と聞こえました
a0052080_21222608.jpg







ぐっと近づきましたが逃げません
a0052080_21222790.jpg







枝が邪魔ですが。。
a0052080_23031222.jpg







登山道を入るとチトセラン(トラの尾)が群生しています
a0052080_23194767.jpg







乳房山登山道
a0052080_21240622.jpg







乳房山
a0052080_23221675.jpg




 中断していた小笠原旅行の報告を再開します。
 アカガシラカラスバトの次はやはり小笠原固有亜種のハシナガウグイスです。聟島列島では絶滅、この父島母島を含む小笠
原群島でも野生化した野ネコに襲われて数を減らし、環境保護のため野ネコがコントロール下に置かれるとそのことにより数
を増やした外来種クマネズミに襲われて更に減っているとのことです。
 早めに見ておかないと徐々に見つけにくい鳥になってしまう可能性大なので、今回出会うことが出来たのは大きな喜びにな
りました。
 ガイドさんに引率されてアカガシラカラスバトを探しているときに、少し開けた場所で「チャッ、チャッ」とウグイスの地
鳴きの声がしました。ひとりが目敏く低木の枝に居るウグイスを見つけて写真に撮りました。そのあとすぐにウグイスは下の
ゴチャゴチャの藪の中に下りてしまったので自分は見ることもできませんでした。
 それを今度はlikebirds妻が素早く撮っていました。亜種ハシナガウグイスは嬉しい初見初撮りです。
 カメラのモニタには亜種ウグイスより明らかに長いクチバシが写っていました。
 翌日に乳房山(ちぶさやま)の登山道を登った時にもハシナガウグイスに出会うことが出来ました。乳房山は登山道入り口
で靴の泥を洗い落とす等すればガイドの引率無しで登れる山です。
 誰も居ない登山道を自分たちだけで登るのは最初は少し不安でしたが、一本道なのでどんどん登りました。入り口付近は
びっしりとチトセラン(トラの尾)が生い茂った細い道です。本土では鉢に植える観葉植物ですから、やっぱり南国へ来たも
んだという実感がありました。1時間ほど早足で登りましたが、朝食の時間に間に合わせるために途中で引き返しました。
 引き返し始めてすぐに、聞き慣れない鳴き方の大きな声がしました。likebirds妻が「ウグイス!ウグイス!」と言うので声
のほうを見ると小さな鳥がチョロチョロと枝間を移動していました。ファインダーで覗くとウグイスでした。そう言えば声は
間違いなくウグイスです。ウグイスが外国語をしゃべっているといえば感じが近いと思います。
 こちらは日本語風に「ホーホケキョ」と口笛を吹こうとしましたが、何故か唇が強張って上手く吹けませんでした。でも、
幸いウグイスは少しづつ近づいて来てくれました。こちらから近づいても逃げません。
 登山道は鬱蒼としていて暗いので撮影は難しかったですが、ハシナガウグイスとはっきりわかる写真もあったので幸いでした。
 朝食前に大汗を掻きましたが登って良かったと喜び合いました。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-10-19 05:00 | 小笠原諸島・航路 | Comments(10)