人気ブログランキング |
タグ:ハマシギ ( 8 ) タグの人気記事
九州旅行 よか干潟1日目 その他の鳥たち
 よか干潟一日目は、汗ばむほどの晴天で和やかな一日でした。
岸全長が3.4キロ、とても広い干潟に数え切れないシギチの群れ。
本当に圧巻でした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください






よか干潟の主役と言えばやはりハマシギ
a0052080_21590743.jpg







飛んでいるユリカモメと海面のズグロカモメ
a0052080_22012334.jpg







この日のトオネンは単独ばかりでした
a0052080_22023478.jpg






遠くの杭にはクロハラアジサシ
a0052080_18514206.jpg







ミヤコドリ、ここでは珍しいそうです
a0052080_18520295.jpg







オバシギ
a0052080_18522421.jpg







仲良しエリマキシギ
a0052080_18524114.jpg







ツクシガモは大群
a0052080_18525588.jpg







ハマシギの群れに、ウズラシギ
a0052080_18530926.jpg







シロチドリ
a0052080_22115277.jpg








メダイチドリの編隊飛行
a0052080_22060769.jpg







ダイゼンも多くいました
a0052080_22154427.jpg








金のムナグロが銀のダイゼンと一緒に居ました
a0052080_22045520.jpg







セグロカモメ  足が黄色のとか、背中の黒っぽいのとか。。
a0052080_22111699.jpg






 4月18日、よか干潟で見たその他の鳥たちです。一種類づつUPすると、どれくらいかかるか想像がつかないので
ダイジェストにしました。
 満潮の2時間半前から満潮後1時間半ほど観察しましたが、時間はあっという間でした。(likebirds夫)


by likebirds | 2019-05-09 22:46 | 九州旅行 | Comments(4)
九州旅行 よか干潟1日目 クロツラヘラサギ
 よか干潟の一日目です。
九州に来てから、ずっと晴天に恵まれ嬉しい限りです。
広い干潟は、鳥達の賑やかな声で溢れていました。
大きくて美しいクロツラヘラサギの大群は、圧巻でした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください






満潮前、まだ大きく残る干潟のクロツラヘラサギ
a0052080_18030630.jpg







観察者も未だ少なめでした
a0052080_18150067.jpg







成鳥の夏羽
a0052080_15505471.jpg







こちらは翼の先端に黒色が残る若鳥
a0052080_18003732.jpg






仲良し^^
a0052080_15522176.jpg







こちらも仲良し^^
a0052080_12444738.jpg







後ろにいるのはホウロクシギです
a0052080_18104970.jpg







満潮に近付くにつれ近くへやって来ます
a0052080_18073514.jpg







合流するために他から三々五々飛んできます
a0052080_18092392.jpg







満潮時はハマシギが上を飛び回りました
a0052080_18121560.jpg







引き潮時の写真です
a0052080_18132522.jpg






 4月17日の太宰府天満宮のあとは早めに温泉に入り明日の与賀(よか)干潟に備えました。私たちの入った
温泉はぬる目の強炭酸泉でしたが、体中に炭酸の泡が付いて手足の先まで温まりました。
 有明海の潮の干満差は日本一大きく、この日のよか干潟の差は約5mです。この場所は遠浅で干潮時には干潟
が大きく広がり、鳥たちも近くには来てくれません。満潮が近づくにつれ干潟はどんどん狭まり、鳥たちは上げ
潮に追われるように我々の待つ岸へやって来ます。そしてついに干潟は消滅して海に覆われます。
 つまり、満潮時の前後1~2時間が野鳥観察の最適時間なのだそうです。4月18日の満潮時刻は午前8時31
分ですから、6時半頃からが観察を始める時刻です。
 私たちは午前6時過ぎにはこの干潟のある公園に到着しました。早速カメラと双眼鏡を携えて観察を始めまし
たが、その時点では海が見えないほど干潟が大きく広がっていて鳥はアオサギとクロツラヘラサギ程度でした。
 それではと、私たちはクロツラヘラサギから観察を始めることにしました。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-04 21:09 | 九州旅行 | Comments(8)
ハマシギ、ミユビシギ
 ハマシギも夏羽に換羽し始めていました。
よく見ると、白くて丸顔のミユビシギもいました。
忙しなく干潟をつついて歩き回り、急に群れで旋回して飛び回りました。
その度に、干潟からレンズを空に向けると、周囲に広がる大都会の景色が飛び込んできます。
とても素敵な景色です。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください





ハマシギもお腹が黒くなり始めてます
a0052080_21295536.jpg







海水に浸かりながらの採餌
a0052080_23025959.jpg







ハマシギと一緒に色白なミユビシギがいました
a0052080_21302880.jpg







ここにもハマシギに交じってミユビシギが一羽
a0052080_23055943.jpg

 





三番瀬名物、ハマシギ群飛
a0052080_21305746.jpg







驚くほど一斉にシンクロします
a0052080_23015792.jpg









 到着時間が遅れ、潮が引いて干潟が大きく広がっていたので鳥たちも塊ではなく分散してしまっていました。
それでもハマシギは大きな群れを作って採餌や飛翔をするので、大集団を楽しむことが出来ました。
 ミユビシギの浜辺の駆けっこも見たかったのですが、ばらばらになってハマシギに混じっている
程度でした。(likebirds夫)


by likebirds | 2019-04-14 17:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
ハマシギ





写真をクリックして拡大画像をご覧ください






早朝、船橋側の堤防に集結するハマシギです
a0052080_22013815.jpg







ハマシギの群翔です
a0052080_22045470.jpg







市川側の突堤から
a0052080_22023611.jpg







カメラ手持ちなので縦撮りも。。
a0052080_22024378.jpg







 三番瀬の東端(船橋側)の突堤から西端(市川側)の突堤まで歩いてみました。西端の突堤に上ってさらに西を見ると、
ホオジロガモがいましたが遠くて写真になりませんでした。海上にはきれいに並んだ杭が顔を出していて、そこにハマシギが
一羽ずつ並んでいました。おおきな鳥はダイゼンです。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-03-16 10:27 | 野鳥観察 | Comments(6)
ハマシギ
 久しぶりに三番瀬に行ってきました。
目当てのカモメは見当たりませんでしたが、
三番瀬名物?のハマシギ大群の飛翔を見ることができました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



仲良く餌探し
a0052080_12421778.jpg






次々飛んできます
a0052080_12430070.jpg






午前6時30分  川のようにハマシギが飛んでいました
a0052080_21124593.jpg






砂地に大集結
a0052080_20404930.jpg






   生き物のように形を変える群れ   
a0052080_21153164.jpg






まるで模様のようです
a0052080_20415297.jpg






思わず見とれる風景でした
a0052080_21201258.jpg






腹側を見せて
a0052080_20424165.jpg






一斉に着地するハマシギの群れ
a0052080_21213247.jpg






   高層ビルの麓で   
a0052080_21180612.jpg


 ボナパルトカモメが目撃されたそうです。
 ひょっとしたら私達もボナパルトカモメに出会えるかもしれない。。と甘い期待で三番瀬へ行きました。
朝から6時間ほど砂浜を探し歩きましたが期待は砕かれました。まったく座らずに探し続けたので首から
中がパンパンです。腹筋まで痛くてマイッています。好奇心を抑えきれないのが弱みです。
 その途中で撮ったハマシギをUPします。(likebirds夫)


by likebirds | 2018-03-10 17:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
ハマシギ
 早朝の干潟はまだどんよりしていました。
ハマシギは最初は姿が見えなかったのですが、飛び立ってしまったミユビシギやトウネンの群れに混じって飛んできました。
夏羽の名残の、おなかの黒い模様が可愛らしいです。
長いクチバシでせっせと餌探しをしていました。(likebirds妻)


波打ち際を歩き回ってます
a0052080_21084650.jpg







浅瀬に青空が写って綺麗でした
a0052080_21090564.jpg







急に飛んだと思ったら、戻ってきました
a0052080_21093117.jpg







東京ベイのビル群を背景に飛びます
a0052080_21095492.jpg







三番瀬からの浦安側の風景
a0052080_09111510.jpg

 9月下旬のハマシギは夏羽から冬羽に移行中でお腹の黒い斑は水玉模様になっていました。ミユビシギもそうなのですが、このハマシギも頭の中にある大きさよりも目の前で見るといつも大きく感じて驚きます。
そう言えば、ハマシギよりももっと小さいヒメハマシギをここで見たのも6年前の9月でした。こんな大都会に囲まれた小さな干潟だからこそ色々なシギ・チドリが通過していくのだろうと思います。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-01 18:30 | 野鳥観察 | Comments(4)
ハマシギ
 春の海に出かけてきました。
静かな朝の海辺には千羽を超えるほどのハマシギの群れがいました。見渡す限りハマシギだらけ!本当にこんなにたくさんのハマシギを見るのは初めてでした。
干潟で忙しそうに餌を探していたかと思うと突然群れで飛び立って旋回しながら浜を移動します。一度飛び立つとあたりにいたハマシギが全部飛び立っていきます。
飛びまわる姿はまるで黒い塊のようでした。
賑やかなハマシギの群に囲まれて、とても楽しいひと時を過ごしました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20401793.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6 餌探しの合間に、頭をかいていました。
a0052080_20422519.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20403922.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20405645.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  遠くを飛ぶ姿
a0052080_20412254.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  旋回しながら、降下を始めました
a0052080_20414523.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_204233.jpg


ハマシギは小さくて可愛らしいシギですが、群れで飛ぶと印象が変わります。ハマシギが群れながら海上を縦横無尽に飛び回る風景には圧倒されました。大都会に小さく残った浜にさえ豊かな自然がありました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-03-04 21:27 | 野鳥観察 | Comments(22)
ハマシギ
 干潟には、コアジサシの群とハマシギの群が一緒に羽を休めていました。数羽のハマシギは少し離れ波打ち際で餌を探していました。夏羽に換羽中なのかお腹が黒っぽいのや、まだらなのがいました。薄茶色で小さくて、かわいかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D  後ろに見えるのが、潮干狩りの行楽客の人たちです。とても楽しそうで少し羨ましかったです。
a0052080_1854635.jpg


likebirds夫;30D
a0052080_18541927.jpg


likebirds妻;30D  水に嘴を突っ込んで、餌をさがしていました
a0052080_18534226.jpg



likebirds妻;30D   コアジサシの群の上を横切って飛んでいました
a0052080_19145424.jpg



likebirds妻;30D   遠くから見た、ハマシギたちです
a0052080_18544540.jpg


 1000羽のハマシギの飛び交う様は見ることが出来ませんでしたが、100羽くらいの群は見ることが出来ました。行楽の人たちも多かったので警戒心が強かったのか、近づくことは出来ませんでした。水際で撮っていると、「潮風が機材に悪いよ」と言われ、急に不安になって戻りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-04-25 19:31 | 野鳥観察 | Comments(12)