人気ブログランキング |
タグ:ヒバリ ( 9 ) タグの人気記事
九州旅行5日目 島原 原城と日野江城
 小高い丘の上全体が原城跡でした。
あたりは緑に溢れて、ヒバリの声が賑やかです。
ここが島原の乱があった場所とは、言われなければ分からないほどです。
悲惨な戦いを思うと、気持ちが落ち込みましたが、この場所を訪れて
良かったと思いました。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください





青々と草生した城跡
a0052080_23085700.jpg






ちょこまかヒバリ
a0052080_21573059.jpg







咲き誇る斜面を登ると原城本丸付近が見えてきます
a0052080_18585100.jpg







敵味方関係なく骨を拾い霊を慰めたホネカミ地蔵
a0052080_19005322.jpg









海を見つめて立つ石像
a0052080_23092788.jpg






天草四朗の墓
a0052080_23094810.jpg







幕府方鳥取藩士佐分利九之丞父子の墓
a0052080_19062834.jpg







原城天守跡地の十字架  如何にもの写真でアレですが。。
a0052080_10131669.jpg








原城は元々この日野江城の支城だったそうです
a0052080_23100823.jpg







日野江城本丸跡地へ向かう通路
a0052080_19083210.jpg






城跡がひっそり
a0052080_23102661.jpg







 九州旅行5日目、早朝に土石流被災家屋保存公園から島原半島の南部にある原城を訪ねました。家族とともに
立て籠もった3万7千人が激戦の末に皆殺しにされたという場所に立ってみても神妙な気持ちにこそなれ、あま
り実感は湧いてきませんでした。幕府による原城の徹底的な破壊と380余年という年月の流れが現実感を薄めて
いるようでした。周辺は紅白の芝桜の花畑、風に揺れる麦畑、見下ろせば風光明媚な有明海でした。
 内戦としては西南戦争に匹敵する大規模で熾烈な反乱で、これがともに九州で起こったことに少しばかり因縁
を感じます。西南戦争は討幕の主力を担いながら、武士の身分を失い居所の無くなった士族たちと明治政府の戦
いと言えますが、島原の乱は農民・漁師・商人・キリシタンの帰農武士たちと反乱軍の構成が多様であることが
内容を複雑にしていると思います。
 島原の乱は南島原の農民一揆から端を発し規模を拡大しながら島原城を攻めますが、本丸攻略までには至りま
せんでした。数日遅れて、反乱は飛び火して天草地方でも一斉蜂起が起こります。こちらも富岡城をあと一歩の
ところまで攻め立てますがついに攻め落とすことはできませんでした。天草の蜂起の主力はキリシタン大名小西
行長や有馬晴信の旧家臣たちのようです。天草四郎も小西行長の家臣の息子という説が有力です。
 手詰まりの天草の反乱軍は島原へ渡り、島原の一揆軍と合流して既に廃城になっていた原城に籠城することに
なります。このときに誰もが家族全員で原城へ籠城したことが、島原の乱の悲惨な結末を数倍に拡大しました。
 反乱軍は籠城するだけでなく、日本各地に蜂起を促す檄文を送っていたそうです。これは追い詰められた農民
が窮鼠猫を嚙む反乱に出たというのではなく明確に政権転覆の方向で行動していたことを示していると思います。
 原城への籠城は敵城攻略に失敗した反乱軍が時間稼ぎのためだと思いました。全国各地での蜂起を期待してい
たのではないでしょうか。もうひとつはポルトガルの介入・支援を待っていたでしょう。実際、キリシタン戦国
大名の有馬晴信は沖田畷の戦いでイエズス会から食料・弾薬の支援を受けて数倍の敵に大勝利しています。この
ときもポルトガルの大砲が活躍した記録があります。有馬晴信は結局、代償として長崎の浦上をイエズス会に寄
進させられました。(当時のポルトガル・イエズス会の常套手段ですね) この記憶は当時鮮明だったはずです。
 天草四郎以下3万7千の人たちは来るはずのないポルトガルの救援を待ち続け、代わりにオランダ船から4百
発もの艦砲射撃を受けて大打撃を受けます。天草四郎も負傷したとのことです。
 幕府軍による兵糧攻めの後の総攻撃を受けて皆殺しにされる様子は凄惨そのものです。
 日野江城は元々から有馬氏の居城で、原城はその支城として造られたものだそうです。原城があまりにも有名
だったので逆に覚えていました。
 原城は世界遺産の一部ですが、日野江城は禁教時代とは関係がないとして世界遺産の登録からは外されたとの
ことです。島原の乱は小西行長や有馬晴信の戦国大名のローマカトリックの保護と強力な地元組織の育成なくし
ては語ることが出来ないと思いますが。。 その後の潜伏キリシタンも強固な地元組織あればこそです。
 有馬晴信の居城、日野江城が世界遺産から除外とは。有馬晴信は神社仏閣を破壊して、その石材を通る人が足
で踏む城の階段に使用させたそうです。それが外されるとは。400年経っても運のない人ですね。(likebirds夫)

by likebirds | 2019-05-21 21:45 | 九州旅行 | Comments(4)
ヒバリ
 この高原で一番元気だったのがヒバリでした。
何羽もがひっきりなしにさえずっては空高く飛び、そしてホバリングしたり、また草原に降りたり・・・
高原の澄んだ空気に賑やかなヒバリの声が響き渡っていました。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_202061.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  
a0052080_20202712.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_20215752.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20205877.jpg


 久し振りにヒバリにレンズを向けました。なかなか良い写真が撮れませんでしたが、とても楽しい撮影でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-06-09 20:40 | 野鳥観察 | Comments(14)
ヒバリ
 ヒバリを初めて見たときは「なんかスズメみたいな模様」と思ったものです。
元気良くさえずりながら飛ぶ姿はとても清清しい感じがします。
勢い良く飛んでいたかと思うと、急下降して地面に降りてしまいます。
鶏冠を立てた、とんがり頭で歩く姿もとてもカッコイイ鳥さんでした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20134342.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2014065.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  とんがり頭のヒバリ、遊歩道を闊歩していました
a0052080_20142281.jpg


雨のため、もう半月くらい鳥を見に行っていません。そのお蔭でお蔵入り寸前のヒバリさんが日の目を見ました。
昨日は午前中にカメラ店に行き、焼肉屋で昼食、そのまま日帰り温泉へ行きました。マッサージの後、夫婦そろって仮眠室でグーグー寝ました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-06-30 20:36 | 野鳥観察 | Comments(18)
ヒバリとウグイス
 ノビタキを探しに行った所で、一番最初に姿を見せてくれたのがこのヒバリでした。目の前を急ぎ足で歩いていたのです。車の中から撮りました。
そういえば昨年ここに来た時ものんびり歩いているヒバリに会ったなぁ・・・ヒバリちゃんお久しぶりね!(likebirds妻)

likebirds妻;30D
a0052080_20434281.jpg


likebirds夫;30D
a0052080_20442875.jpg


 このウグイスは♂です。「ホーホケキョ」と鳴いていましたから。♀のウグイスは全く鳴かないのでしょうか?冬にチャッ、チャッと鳴くのは♂♀の区別はつきません。春先からの♀のウグイスの鳴き声を聞いたことがありません。ご存知の方は教えてください。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-04-13 21:11 | 野鳥観察 | Comments(18)
ススキの原のホオアカとヒバリ
 ノビタキを見ていたら、ご一緒に鳥見をしていた奥様が、「違う鳥がいるー」と教えてくださいました。皆でぞろぞろ見に行ったら、ホオアカが轍に溜まった水を飲みに来ていました。「夏に見たときより頬が赤くないなぁ」と思いました。久しぶりね。と声をかけたいくらい嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D  ホオアカ、近かったのにピントがいまいち・・・涙 涙 
a0052080_22265151.jpg


昼近くなってノビタキがあまり現れなくなりました。仕方なく富士山を眺めていたら、足元で「チチッ」と声がするので見ていたら、ヒバリがススキの中から餌をついばみながら現れました。あまりこちらを気にしていないようでしたが、体をフリーズさせて、そっと撮りました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D
a0052080_22271018.jpg


 ホオアカ、ヒバリ。もう少し早く教えてくれたらデジスコでバッチリ撮ったのに...。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-10-17 22:46 | 野鳥観察 | Comments(14)
河原の田園でひばり三昧
 今日は午前中のみの鳥撮り。近くの河原と田んぼに行きました。
何羽ものヒバリが少し残っている麦畑から飛んだり、ホバリングしながら降りてきたりしていました。とてもにぎやかでした。likebirds夫が運転する車の中からlikebirds妻が撮りました。
 ホバリングしながら、降りてくるヒバリ。家に帰ってからヒバリが後ろ向きだとわかりました。(likebirds妻)
a0052080_21173014.jpg

 元気よく囀りながら、歩き回っていました。
a0052080_21182327.jpg

 ちょっと近づきすぎたかな?飛んでしまいました。でも、飛び物が撮れてラッキー!
a0052080_21185668.jpg

 畦を歩いていたヒバリがシャッターの音に気づいて「?」という顔でこちらを見ていました。
a0052080_21212866.jpg

 本日は午後は仕事なので、小遠征を中止して手軽な鳥見となりました。朝のうちは曇っていましたが、だんだん晴れてきて暑くなり、汗だくになりました。広い田んぼの所々にある麦畑を車でゆっくり回るのは案外爽快でした。最初飛んでいるヒバリが何かをぶら下げているように見えましたが、足を完全にはたたまないで飛ぶことを今回初めて知りました。ヒバリの撮影中は運転手役に徹していましたが、カメラを持たないと新しい発見もありますね。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-06-17 21:55 | 野鳥観察 | Comments(6)
ヒバリだって眠いんです
 在庫写真です。田んぼに隣接した麦畑でヒバリを見ていたら、一羽が目の前の木杭にとまりました。カメラを向けると、最初は気にしているようでしたが、その内眠り始めました。 
a0052080_21563539.jpg

 うとうとしたヒバリを見て、「こんなに目立ったところで寝ちゃって、だいじょうぶなの?」とちょっと心配になりました。(likebirds妻)
 元気にサエズリまくるヒバリもいいですが、たまにはこんなのんびりしたのも...(likebirds夫)
by likebirds | 2006-05-20 21:59 | 野鳥観察 | Comments(3)
ヒバリ
 この写真も在庫からです。夫婦で相模川土手の外側の田圃でヒバリを見ていると、自転車に双眼鏡の人に声をかけられました。「この時期、ここには何もいないはずだよ。」と。「ヒバリを見に来たんです。」と応えると何も言わずに立ち去りました。
 田圃の横でヒバリを撮っていると農家の方に、何を撮っているのか聞かれました。ヒバリと応えると、その人は地上のヒバリを見たことがないと言います。ほら、すぐそこ、と指差してもその人は見つけることができませんでした。鳥を見るのも見慣れる必要があるのかも知れません。
 そう言えば未見の鳥は教えられてもなかなか見つけられませんが、一度見てしまうとその後はすぐ見つけられます。(likebirds夫)
a0052080_2032893.jpg

by likebirds | 2006-04-24 20:46 | 野鳥観察 | Comments(6)
タゲリのつづきのつづきのつづき チョット一休み
 タゲリを見ている間に、ウチのオクサンがヒバリを見つけました。足元で何かがチョット鳴いたのでわかったそうです。
a0052080_2250388.jpg

 このヒバリ君も近寄っても逃げないどころか立ち上がろうともしません。顔は上を向いたり左右を向いたりして、こちらにも気づいているようなのですが平然とひなたぼっこを続けています。
 よくよく見ると、足をうしろに投げ出しておなかを下に寝転がっていました。ちょうど飛んでるときのようなカッコウで地面に転がっているのです。写真ではわかりにくいですが。(夫記)

このヒバリさんの振り向いてにらんでいる目は「ちょっとー、変なものでじろじろ覗かないでくれる!お昼寝のじゃまよ!!」と言っているようでした。 ごめんねヒバリさん。(妻記)

a0052080_22573822.jpg

 これほどリラックスしている野鳥は見たことがありませんでした。「おい、おい、二人の人間がこれほど近づいて注目しているのに大丈夫なの?」と訊いてやりたいほどでした。夫婦でゲラゲラ笑いながら見ているとようやく立ち上がり、ゆっくりと歩いて立ち去りました。(夫記)
by likebirds | 2005-11-17 23:03 | 野鳥観察 | Comments(3)