人気ブログランキング |
タグ:ミツユビカモメ ( 12 ) タグの人気記事
ミツユビカモメ
 久しぶりに銚子に行ってきました。
カモメウォッチングには既に終盤、流石にカモメは少なかったですが、
可愛いミツユビカモメを見ることができました。
まずまずの出だしです。
わくわくと気後れが混じった、カモメウォッチングの始まりです。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください





強風で波を被っても平気なミツユビカモメ
a0052080_17585704.jpg







千人塚の堤防で寛ぐ成鳥冬羽。黄色い嘴。尾羽は真っ白、綺麗な子です
a0052080_17593418.jpg








逃げませんね  外洋性のカモメなので女性の怖さを知りません
a0052080_10051918.jpg







流石に飛びました。名前の由来の「3つ指」が見えて、ラッキー
a0052080_11590165.jpg







代わりに堤防から飛び出してきたのは第一回冬羽  可愛いー!
a0052080_17594793.jpg








写真の整理中  あれっ? 足が赤いじゃん!!!
a0052080_10073392.jpg







マジ赤いよ~~!  あぁ心臓止まりそう
a0052080_10283126.jpg







でもクチバシ長すぎー! 背中のM字も見えるし、尾羽に黒帯  残念でした
a0052080_10295193.jpg







午後もう1度千人塚に来てみたら、やっぱり居ました。よほど眠いのかピクリとも動かず・・・
a0052080_18000634.jpg







お目々を開けるとつぶらな瞳
a0052080_10370207.jpg







 お天気も悪く寒いので、休日ですが自宅で休養です。で、グダグダ書きますので読み飛ばしてください。
 3月9日です。
 カモメを見るために波崎・銚子に出かけて来ました。以前は年に何回かは出かけて行っていたのですが、
震災をきっかけに何故か足が遠のきました。だって教えてくれる人も居ないし。。教えていただいても理解
できません。
 夫婦二人で海辺に立つと超強烈猛烈鮮烈激烈なアウェー感と孤独感。どのカモメも同じようにも見えて、
どのカモメも少しづつ違います。違いも共通点もわかりません。つまり脳味噌で類型化ができないんです。
自分で自分の頭がパーだと思うのはあまり気持ちの良いものではありません。
 二人ともカモメ科以外の水鳥を見ると途端に雄弁になります。例えば、スズガモやクロガモ、アカエリカ
イツブリやハジロカイツブリ等々です。ウミウかカワウかなんて話を夢中でlikebirds妻に聞かせたりしてし
まいます。カモメ科の話題で大脳に皺が無いと気づかれたくないんです。海馬が萎縮してんじゃないの~?
なんて言われたら最悪です。
 興味は旺盛にあるんです。だからカモメに詳しい余所様のブログやHPを欠かさずこっそり盗み見してい
ます。カモメ識別ハンドブックも新旧両方揃えています。
 欲の皮は突っ張っているので、出来れば普通9種を今回一回で見たいものです。ズグロカモメは先日に行
った三番瀬で飽きるほど見たので省略して8種にしときます。ズグロはここでは無理でしょうし。
 さて何種見ることができるでしょうか。
 銚子の第三漁港の突堤で幸先よくミツユビカモメを見ることができました。引退された先輩からミツユビ
カモメを探すならここを覗けと教えられた場所です。あいにく突堤の先端付近に居たので遠かったのですが
無事に見ることができました。ミツユビカモメは1枚目の写真でもわかる通り、セグロカモメやオオセグロ
カモメなどの大型カモメと比べると一際小さいので我々にも見つけることができました。脚が黒いのも特徴
です。尾羽は真っ白で、新鮮な高級バナナを咥えているので成鳥ですね。
 その後、車で千人塚付近を走っていたら堤防にちょこんとミツユビカモメの成鳥が一羽でとまっているの
を見つけました。ちょうど仕事着の女性が通りかかったので飛んで逃げられるかと思いましたが、横目で睨
むだけで逃げませんでした。ちょっとしてから、下向きに飛んだので、後趾の極端に短い(三つ指に見える)
黒い足をばっちり見ることができました。タイミングよく写真(撮影者likebirds妻)もあります。
 これは例えて言えば、有名人が居ないかと六本木を歩いていたらミニスカートのAKBのメンバーの一人
を見つけて眺めていたらいきなり突風が吹いたようなものでとても幸運なめぐりあわせでした。
 成鳥が堤防の下へ飛んで行って見えなくなるのと入れ替わりに第一回冬羽が飛び出てきました。幼いミツ
ユビカモメはまだ貧乏でスーパーで黒ずみのある安売りバナナを咥えているのでわかります。
 現地では気づきませんでしたが、写真を整理中にこの第一回冬羽の脚が黒ではなくて赤みを帯びている
ことに気づきました。ピンク色ですが。
 一瞬にして後悔と狂喜。後悔はなんで現地で気づかなかったのか。狂喜はもちろん赤い脚のウフフウフフ。
震える手で「カモメ識別ハンドブック(改訂版)」を開きました。ミツユビカモメとアカアシミツユビカ
モメは20ページと21ページで見開きです。写真にコメント入れましたが、残念な結果でした。
 以前、カモメにも詳しい先輩バーダーに「カモメは進化の途中で、多様性がその魅力」云々と教えられた
ことを思い出しました。多様性ありすぎです。俄か喜びに残酷な結末。こんな子もいるんですね。(likebirds夫)


by likebirds | 2019-03-23 19:00 | 野鳥観察 | Comments(4)
ミツユビカモメ 大洗・苫小牧航路往復
カモメの中で、一番可愛いミツユビカモメ。
航路では、遠くから飛んできて、あっという間に船を追い抜いていきました。
次々飛んでくるミツユビカモメは颯爽としてとてもかっこよかったです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください



ミツユビカモメ成鳥
a0052080_22240008.jpg







ミツユビカモメ幼鳥
a0052080_22243445.jpg






2羽が並んで
a0052080_22121055.jpg






群れがどんどん飛んできました。下を飛ぶのはウミネコ
a0052080_22122928.jpg







写真右下でミツユビカモメがしっかり獲物をゲットしています
a0052080_22433288.jpg


 昨年11月の大洗・苫小牧航路で見たミツユビカモメです。いつも漁港で見かけるとあまりの可愛さに思わず頬が緩むあの
ミツユビちゃんではなく、外洋で見るミツユビカモメはまるで印象が違いました。小さな身体で荒波の上をで猛スピードで力
強く飛び、他のカモメや大きなミズナギドリやコアホウドリと互角に餌を奪い合っていました。

by likebirds | 2018-01-08 17:00 | 野鳥観察 | Comments(4)
ウミネコ ミツユビカモメ 大洗・苫小牧航路往復
 大洗~苫小牧航路の探鳥に久しぶりに参加しました。
早朝からデッキでは、ミツユビカモメの大群を見ることができました。
波間をすいすいと猛スピードで飛ぶミツユビカモメの群れを見られるのは、航路の醍醐味、かっこいい姿に見入りました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



この酷い写真から皆さんの想像力で素晴らしい光景を心に浮かべてください
a0052080_21485178.jpg








a0052080_21485248.jpg








a0052080_21485359.jpg



 11月18日~19日、大洗港から大型フェリー「さんふらわーしれとこ」に乗船し、苫小牧港に着いたらすぐに同じ船で
帰って来るというツアーに参加しました。往路復路で海鳥を見るツアーです。
 ツアー中止も考慮されるような最悪の天気予報から考えると「天候に恵まれた」という総括に異存はありませんが、風が強
く波飛沫でカメラのレンズがびしょ濡れになり、タオルで拭きながらの撮影となりました。
 ツアーを通して常に船室に戻りたいと思いましたが、「自分で選んだことだ」と言い聞かせてデッキで過ごしました。
 写真は復路の午前9時頃から約1時間ほど続いたカモメの大乱舞です。よく見ると大部分はウミネコでそれにミツユビカモ
メが混じっていました。これほどの大集団は見たことがありませんでした。陽射しがあったのは概ねこの時だけでした。この
後は顔に当たると痛い雪でした。
 散々なツアーでしたが、それでも楽しかったのは何とも不思議です。(likebirds夫)
 

by likebirds | 2017-12-01 08:19 | 野鳥観察 | Comments(4)
ミツユビカモメ
  毎年カモメを見に行くのが楽しみになっています。
でも今年はいつも観察する堤防が工事中で、カモメは近くにいませんでした。
少し気落ちしましたが、ミツユビカモメはゆっくり見ることができました。
大好きなミツユビカモメをたくさん見ることができて嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はクリックすると拡大してご覧になれます
a0052080_12352754.jpg






a0052080_22171208.jpg






a0052080_12360107.jpg







a0052080_22180564.jpg







a0052080_22190025.jpg





a0052080_22192157.jpg







a0052080_12372624.jpg


 銚子方面にはほぼ毎年1回は行っていますが、年々ミツユビカモメの数が減っているような気がします。(単にそう思っているだけで実際と違うかもしれませんが) 今回はどうかな?と思っていたらアッサリとミツユビカモメに出会うことができました。個体識別できる訳ではないので曖昧ですが少なくとも5羽はいたと思います。バナナのようなクチバシと黒い足を見ると頬が緩みます。海面に薄い油膜が広範囲に浮いていて薄っすらと汚れているのが少し心配になりました。(likebirds夫)


More  ミツユビカモメの他の写真
by likebirds | 2015-03-10 19:48 | 野鳥観察 | Comments(4)
カナダカモメ他
 3月中旬と4月上旬にカモメの見物に行っていながら写真の整理も進まず、また写真を見れば見るほど疑問点が噴出し頭が混乱して結局お蔵入りしそうになっていたカモメの写真をUPします。以下は「じゃないかなぁ~」で載せちゃいますのであまり信用しないで下さい。というかご意見があれば歓迎です。

写真は全てクリックして大きな画像でご覧になれます

カナダカモメ  3月15日撮影  頭の褐色斑はモヤッとして背中のグレーは薄め、一見して華奢な体格の個体でした。  翼も長そうです
a0052080_21231925.jpg


カナダカモメ2W  3月15日撮影  セグロカモメと比べてかなり小さくスマートでクチバシもウミネコ大 初列の裏は白っぽかったです 
a0052080_2133435.jpg


ミツユビカモメ  3月15日撮影  波崎旧港でカナダカモメを探していたら足元の海面に浮いていました
a0052080_2139121.jpg


ミツユビカモメ  3月15日撮影  酷い写真で恐縮です 油断していたら飛ばれて撮りそこないました  可愛さダイナシ
a0052080_21405867.jpg


ホイグリン系カモメ  4月10日撮影  黄色に近い肉色の脚、セグロよりかなり濃い背中、後頸に僅かな斑、身体もセグロより少し小さめでした
a0052080_2143522.jpg


ホイグリン系カモメ  4月10日撮影 上の個体のすぐそばに居ました  背中の濃さと身体の大きさはセグロと同じくらいでした  いわゆるタイミルセグロカモメの範疇には入るかと思いました
a0052080_21482627.jpg


ホイグリン系カモメ 3月15日撮影  脚がやはり黄色っぽい肉色  背中はセグロよりは...同じかな?程度  上記と同じくタイミルの範疇かと...
a0052080_21583696.jpg


交雑シロセグロ??  3月15日撮影  白さが目に浸みるほど輝いてとても目立ちました  背中もセグロよりはずいぶん薄く、初列の尾羽からの突き出しは僅か  ただ初列はグレーではなく墨を薄めたような黒でした  一瞬アイス...と思いかけましたが初列の突き出しは短く違いました
a0052080_222247.jpg


交雑ワシセグロ??  一瞬シルエットからワシカモメと思いましたが雨覆が黒っぽく、初列もグレーでではなく薄い墨色  脚の色はセグロと比べると赤黒
a0052080_2271933.jpg


漁港の風景  3月15日撮影
a0052080_22374559.jpg


堤防のカモメたち  スマホ3月5日撮影  
a0052080_2240962.jpg



 多シャッター症候群が災いして未だに全ての写真を見終わりません。なかには撮った理由もわからないものもあり、かなり自分ながら困惑しております。他にもUPしたいものが多くありましたが埋もれて見つかりません。
 今UPについて間違いがあれば訂正いたしたくご意見を賜れば幸いです。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-04-15 22:28 | 野鳥観察 | Comments(4)
ミツユビカモメ
 ミツユビカモメは、他のカモメと少し距離を置いて佇んでいました。
のほほんとした、とても可愛いミツユビカモメ。
大好きなミツユビカモメを今年も見ることが出来て嬉しかったです。(likebirds妻)

a0052080_20292970.jpg



a0052080_20294160.jpg



a0052080_20294556.jpg



a0052080_2029546.jpg



 カモメは見ていてつまらないとよく聞きますが、ミツユビカモメは可愛いのでアイドルになれますね。 
飛んだら真下から黒い足と長い翼の両端のスパッと切ったような黒を撮ろうと張り切りましたが真上を飛びませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-03-12 20:46 | 野鳥観察 | Comments(4)
ミツユビカモメ
 約10ヶ月ぶりにカモメを見に行きました。
港は強い北風でとても寒く、そしてカモメの姿はとても少なかったです。
「これはウミネコ、これはセグロカモメ、オオセグロカモメ・・・」と普通種を確認する作業からはじめるカモメウオッチング。
いつも一からでなかなか見分けが出来るようになれません。
でも、大好きなミツユビカモメを見つけることが出来てとてもうれしかったです。(likebirds妻)

成鳥冬羽
a0052080_2034043.jpg


成鳥冬羽
a0052080_20341313.jpg


第一回冬羽
a0052080_20342014.jpg


第一回冬羽
a0052080_20343170.jpg


第一回冬羽
a0052080_20344780.jpg


 もともと識別眼が無いうえに今季初めてのカモメウォッチングでしたので何が何だかわからない内に終わりました。港に着くとすぐに寒さが主要な関心事になってしまい、なかなか車の外に出ることができませんでした。少し反省しています。
ミツユビカモメはカモメの中では可愛いほうではないでしょうか。下りているときにはとても小さく、翼を広げて飛んでいるときにはとても大きく見えました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-01-30 20:58 | 野鳥観察 | Comments(2)
ミツユビカモメ
ミツユビカモメも沢山飛んでくれました。
大きな群れでなく次から次へと船を追い越すように飛んでいったり、船と反対方向に疾風のように飛び去ったり・・・
大海原を飛ぶ姿は、いつも港で見るそれとは違ってとてもたくましくてかっこよく見えました。
また、朝は藍色の水平線を東雲色に染めながら昇る朝日を、夕方には金色に輝いて沈む夕日を眺めることが出来ました。とても楽しい航路でした。(likebirds妻)

likebirds夫;IXY1000  Morning has broken.
a0052080_2035512.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x2.0  朝日でコーラルピンクに染まって綺麗でした
a0052080_2034511.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0x1.4  ミツユビカモメ成鳥冬羽
a0052080_20343051.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0x1.4  ミツユビカモメ第一回?冬羽
a0052080_20344148.jpg


likebirds夫;IXY1000  This tour is over.
a0052080_20352498.jpg


 苫小牧航路海鳥ウォッチングツアーの続きで今回が最後です。
漁港などで見るミツユビカモメは愛くるしい印象でしたが、外洋上で見ると逞しい姿でした。小さな身体で遥か彼方から猛烈な勢いで飛んできて飛び去る様は胸に迫るものがありました。
遠くの漁船を群れで追う姿も見かけましたが、距離がありすぎて写真に撮ることはできませんでした。
 鳥も然ることながら、このツアーに参加した人達の真剣な姿にも心をうたれました。敢えて言えば相当物好きな人達なのでしょうが、この人達と同じ時間を持てたことは貴重な経験でした。(likebirds夫)

 本年もたくさんの方にこのブログを見にきていただきありがとうございました。
 来年もひきつづきよろしくお願い申し上げます。
 皆様が良いお年を迎えられますことを心より祈念いたします。(likebirds夫婦)
by likebirds | 2010-12-30 21:29 | 野鳥観察
ミツユビカモメ
 ミツユビカモメはカモメ基本八種の一つです。
でも可愛くてとても大好きなミツユビカモメは、私にとってはスペシャルなカモメなのです^^。
ウミネコやユリカモメが飛び交う中にミツユビカモメを見つけたときは本当にそれはそれは嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  ノートリ
a0052080_215449.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ミツユビカモメ成鳥冬羽 黄色のクチバシ 黒い足
a0052080_2154539.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  成鳥冬羽 真っ白な尾羽
a0052080_2155799.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2165762.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  マシュマロみたいなふっくらお腹が可愛い~♪
a0052080_2161141.jpg


 ミツユビカモメはウミネコ幼鳥やユリカモメに混じって採餌していました。着地しているときはウミネコに比べて胸を張っているように見えました。
 セグロカモメは漁に出かけているのか少なかったですが、その中に足のオレンジ色をしたホイグリン系を見かけた程度でした。
近くの堤防が工事中のこともあり、今冬のカモメウォッチングにはスコープが必須のようです。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-11-04 21:58 | 野鳥観察 | Comments(8)
ミツユビカモメ
 ミツユビカモメは、小さくて可愛いくてとても好きなカモメです。
堤防にたくさんとまっているウミネコやセグロカモメたちから少し距離を置いて、ポツンと1羽で羽を休めていました。
羽繕いしたり、きょろきょろしたり、ノンビリモードでした。
飛んでくれないかな?と待っていましたが、当のミツユビカモメは眠かったようでした^^;
見ていると、何度もあくびをしていました。
少しの時間でしたがこの日は可愛いミツユビカモメに出会えて、うれしかったです。
また会いに行きたいです。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4   
a0052080_20121033.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20122850.jpg


 ミツユビカモメを見る約一時間前、大先輩お三人様と一緒に別の海岸線を歩きに歩きました。先輩方はとても歩くのが早いので我々は付いていけませんでした。いつもより厚着をしていったので、息はゼイゼイ、防寒服の下は汗だらけになりました。
 この堤防へ着いて車から下りると汗が冷えて急激に寒くなりました。likebirds(妻)は震えて車の中へ入ってしまいました。風邪を引かなければよいがと心配していると、突然妻が下りてきて「あそこでミツユビカモメがポツンとしている」と教えてくれました。
「なるほど足も黒いな」としばらくミツユビカモメを観察しました。もう少し他のカモメも探してみたかったのですが寒さに耐えられず引き上げました。やはり身体は鍛えておくものですね。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-02-05 20:48 | 野鳥観察 | Comments(24)